毎日飲んでおきたい健康にいい飲み物!健康増進・美容・ダイエットに効果がある飲み物とは?

今回ご紹介するのは

・健康にいい!
・美容にいい!
・ダイエット効果がある!

と体に3つのプラス効果がある飲物です。

 
しかも日本ではどこでも手に入って気軽に手に入れることも、自分で作ることもできる健康・美容にいい飲物なのでぜひ知っておきたい!

とは言うものの昔から体に良い飲物として知られてきているものなのでいまさら感がある飲み物です。

 
「昔一度試したけど長続きしなかった」なんて人も結構いると思います。
 
しかし今回紹介する3つののスーパーフードとも言われる飲み物の効果をもう一度きちんと知ることでもう一度長く飲み続けてみようと思えると思えます。
 
 
はちみつ生姜湯

はちみつと生姜は見た目も味も匂いも全く別物ですが、実は似たような効果があります。

 

はちみつ
はちみつはビタミン、ミネラル、ポリフェノール、アミノ酸などたくさんの栄養が詰まっていて強い殺菌効果もあります。

殺菌効果により細菌やウイルスによる風邪の症状を和らげ、喉の痛み、咳など抑えてくれます。

そしてはちみつの糖分は吸収性が高いので腸に優しく、疲労回復に即効性があります。

生姜
生姜は日本人には一番身近な漢方薬です。
生姜は驚く程たくさんの効果を私達に与えてくれます。

・抗炎症・・・ウイルスや細菌による炎症(熱)を抑える。
・吐き気を抑える
・抗菌性・・・強い殺菌力でウイルスや細菌の活動を抑制する
・生理痛の緩和
・代謝の促進
・血行促進

といった様々な効果があります。

 
抗酸化
はちみつと生姜には強い抗酸化作用があります。
抗酸化作用とは活性酸素という体の老化や肌のくすみ、シミや様々な重大な病気を引き起こす物質を抑える効果です。
美容に興味のある人はぜひとも知っておきたいところです。
 
 

腸に優しい
善玉菌を増やし腸内環境を整えることでダイエットの天敵の便秘改善にも一役かっています。

はちみつと生姜どちらか1つでもプラスの力が大きいですが、2つを合わせることで飲み物として美味しくいただけてなおかつ体に必要な栄養素と疲労回復、体の免疫系を強化することができる素晴らしい飲み物です。

 
 
甘酒

「飲む点滴」とまで言われる程のたくさんの栄養がつまった飲み物。

がつくほど健康にいい飲み物です。

 
「甘酒」
甘酒は古来から日本で飲まれていましたが一般的に流行したのが江戸時代からだと言われています。
江戸の暑い夏を乗り切る為、夏バテ防止の為に即効性のあるエネルギーと高い栄養価が含まれている甘酒は栄養ドリンク代わりだったことでしょう。
 

甘酒はどうやってできる?

ちなみに甘酒って
 
飲んだことや見たことはあるけどいまいち何なのかよくわらない飲み物」
 
って人も結構いると思います。
見た目はトロトロでご飯の粒が入っていてほんのりと甘い。
甘酒を初めて見る人はおかゆに砂糖を入れたものかと思うかもしれません。
 
甘酒は白米に麴カビを繁殖させる発酵によってできる「麴」を利用して作ります。
日本酒を作るときに必要な作業の1つですね。
 
麴カビは白米から栄養分をもらい繁殖し、その代わりにたくさんの栄養素を私達に残します。
 
そうしてできた麴を使って甘酒が作られます。
 
甘酒の栄養と効果
 
甘酒の代表的なプラス効果はビタミンB群、消化酵素、必須アミノ酸、ブドウ糖になります。
具体的にどんな効果があるのかというと
・即効性の栄養補給
・代謝を良くする
・消化を促して内臓を助ける
・肌や髪に必要な成分をたくさん補給できる

発酵は基本的に微生物が食材を分解していくことで旨味や栄養が加わります

白米に含まれるタンパク質やでんぷんは分解されてすぐに腸で吸収できる状態になっているので内臓に負担をかけることなく栄養をすぐに必要なところに運べるわけです。

 
また、エネルギーを効率的に燃焼する為のビタミンB群が豊富なのでダイエット向きの飲料といえます。
 

1食置き換えダイエットで甘酒を飲むのもいいですね。

麴カビから作られる消化酵素もたっぷりと入っているので食事と一緒に飲むと消化の助けになってくれるのでおすすめです。

 
 
味噌汁
和食には欠かせない「お味噌汁」
しかし最近では味噌汁を飲む人も減ってきているのも確かです。
 
味噌汁は昔から長寿の飲み物として日本人の健康を支えてきました
 
その理由は世界的にもスーパーフードとして栄養価の高い「大豆」が原料とした発酵食品だからです。
 
麴と同じく麴カビを使用して大豆を発酵させます。
 
味噌汁の効能
・コレステロールを下げる
・酵素による消化促進
・抗酸化作用
・癌予防
・二日酔いに効く
・美容に良い
 

味噌汁の効能は非常にたくさんあり、代表的なものだと上記に上げたものです。

ですが、ここで疑問が浮かびます。

「味噌を直接食べればいいじゃん」

と思う人もいることでしょう。

しかし、味噌汁の特徴は栄養が味噌だけではなく中に入れる具材からも摂れことです。

野菜、肉、魚、きのこ、海藻類、豆腐、こんにゃく、油揚げ、溶き卵
 
冷蔵庫にある食材なら何でも入れることができる程色んな食材に合いますよね。
朝の味噌汁の匂いは食欲をそそり目覚めの食事としては最高の一品です。
ダイエット中でもカロリーをそこまで気にせずいただける強い味方です。
 
 
まとめ

今回は健康・ダイエット・美容にいい飲み物ということで

・はちみつ生姜湯
・甘酒
・味噌汁
 
の3つを紹介させてもらいました。
 
どれも気軽に手に入り、自宅でも作れるものです。
甘酒は少しハードルが高いように思われますが、麴さえあれば以外に簡単にできます。
 
ただ、これらのものはできれば毎日続けて飲むことで効果が表れます。
そしてこれらを飲んだからと言って直接的に痩せたり肌が良くなったりするわけではありません。
 

普段の食生活や運動不足などで体内にストレスを貯めているとあまり効果は無いでしょう。

あくまで健康にいい、美容にいい飲み物のサポートとして摂ることが大事です!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする