【キャンプ】おしゃれキャンプには欠かせない「ラグ」のおすすめ!

 
「ラグ」って一体なに!?
 
インテリアなどにあんまり興味のない人には聞き慣れない言葉ですね。
 
「ラグ」っていうのはざっくりいうと敷物です。
 
カーペットのようなものですが、また少し違います。
 
カーペットはリビングなどの部屋の大部分を覆うようなイメージですが、「ラグ」は範囲が狭く、テーブルの下、ソファの下、座る場所などピンポイントで使用するイメージです。
 
生地の厚さや大きさ、柄も色々なのでキャンプで使用すると居心地も良く、おしゃれ度もアップするので自分好みの空間を作りやすいんです。
 
 
キャンプでのラグの使いみちは色々!
 
・テントの中
 
・イスのカバー
 
・コットのカバー
 
ウレタンマットの上に敷いてくつろぎスペースを作ったり
 
裏地が防水になっているとそのまま外に敷いてくつろげます。
 
ふわふわのファーラグと言われる動物の毛(ほとんどが偽物のフェイクファー)もいいですね。
 
 
 
 
このようにラグの種類や使いみちは様々ですが、特にアウトドア用のものを使わなくても全く問題はありません。
 
テントの中、イス、コットなどのカバー用にするのであれば自宅で使用しているもので結構です。
 
外でそのまま地べたに使う場合は先に防水のシートなどを敷いておくか、レジャー用の防水ラグの方がいいですね。
 
 
薄手の生地のラグなら個人的にはキャプテンスタッグがおすすめです。
色んな柄のバリエーションがあり、何より良い感じの納袋付きなのが嬉しいです。

 

 
 
 
 
 
フリンジ
 
ラグの中でもフリンジ付きのラグはやはりおしゃれですね。
 
フリンジっていうのは生地の端についているふさふさのやつです。
これがあるだけで同じ柄でも雰囲気が違ってきます。
 

 
 
 

ちなみにラグメーカーで有名なのが
「El Paso エルパソ」
というアメリカのブランドです。
 
一般にネイティブ柄と呼ばれる柄を取り扱っており、日本でも通販で気軽に買えるブランドです。
 

 

 
 

ソロキャンプで地べたスタイルの時は一人用のサドルブランケットもおすすめです。
 
 

 

 
 
 
 
そして最近話題なのが「Kachula カチュラ」というブランドの「アドベンチャーブランケット」という商品。
基本的にはブランケットですが、驚異の撥水力で敷物としても使用できますし、毛布代わりにもなります。
さらに付属のフードを取り付けてポンチョに変身。
 
 
さらにさらにブランケットのポケット部分を使用するとそのまま収納袋となり、クッションに早変わり
ものすごく多機能なブランケットです。
値段は少しお高目ですが注目商品です。

 
他にも様々なブランドでラグが製品化されているので、ぜひ自分の居心地のいい空間を作ってみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする