【キャンプ】ファミリーキャンプで役立つ便利なアイテム!もっと楽しくキャンプができる!

 
ファミリーキャンプをするといつも思ってしまうのが、「もっと便利に!もっと楽に!もっとスムーズにできるはず!」と。
 
私だけではないはずです。
 
キャンプにハマってしまうと毎回思考錯誤の連続ですよね。
 
特にファミリーキャンプやグループキャンプは人数が多い分頭を悩ませます。
 
人数が多い分料理に時間がかかったり、荷物が多いので目当ての物が見つからなかったりと思い通りにいかなくて、気づいた時には日が落ちているなんてこともあります。
キャンプあるあるですね。
 
だいたいは経験が解決してくれますけど、道具が解決してくれることも多々あります。
 
キャンプといえば1番楽しみなのは料理!
 
子供達は遊ぶのに夢中だと思いますが。
大人はどうしても料理に大半の時間をとられてしまいますね。
 
ソロキャンプや少人数の大人だけのキャンプではゆっくり焚火料理なんてこともできますが、ファミリーキャンプや子供が沢山いるグループキャンプではあまり時間をかけてられません。
 
なのでできるだけ火元が多いほうがいいです。
 
そうなると活躍してくれるのが「ツーバーナーガスコンロ」です。

 
通常の家庭のキッチンであればコンロはだいたい2つですよね。
 
キャンプで不便さを感じ無い為には家庭と同じく2つあると効率がいいですね。

 

アウトドア用のツーバーナーガスコンロは風除けもついて非常に使いやすいですし、コンパクトになるのでさほど荷物になりません。
 
そして、火元は多いほうが良いと言いましたが、できれば3つあれば言うことなしです。
 
料理用ガスコンロの他にケトルなどでお湯を沸かす為の「シングルバーナー」があると大変便利です。

 
キャンプではお湯を結構使います。
コーヒー、お茶、インスタントスープやカップラーメンなど様々な場面でお湯を沸かすことがあります。

 
鍋やフライパンでガスコンロが埋まっているときにお湯をわかせますし、シングルバーナーはかなりコンパクトに収納できるのでほとんど荷物になりません。
 
 
さて、鍋やフライパンで凝った料理をつくるのもいいですが、自然の中でバーベキューをするのもキャンプの醍醐味ですよね。
炭火で焼いたお肉はひと味違いますからね。
 
ただ、炭に火おこすのに慣れてないとなかなか時間がかかる上に余計な体力を使ってしまいます。
 
そこで簡単に炭に火をつけてくれるのが「炭おこし器」

煙突効果という原理を利用してほとんど何もせずに炭に火がついてくれる優れもの。
 

火をつけた着火剤の上に炭を入れた炭おこし器を載せるだけ。
しばらくすると超高温で真っ赤に燃え上がる炭ができます。

 
時間短縮にもなりますし、火をおこしている間に別な作業もできるので非常に効率がいいアイテムです。
 
 
ファミリーキャンプでの家族団欒の時間をさらに濃密な時間にしてくれるアイテムがあります。
 
「ベンチチェア」です。

 
個別の椅子に座るよりも家族同士が寄り添いあいぬくもりを感じることができます。

また、小さい子供がいる場合は隣に大人が座っていれば椅子からの転倒を防げますし、食事を食べさせるのにも楽にできます。

そして椅子を2つよりベンチチェアが1つのほうが収納や持ち運びも便利です。
 
 
日が落ちてきた頃に活躍してくれるランタン。
ランタンもどこに設置するかによって明るさは違ってきます。
 
おそらくファミリーキャンプでは持っていくランタンの数も1つではないはず。
 
おすすめは少し離れたところに「ランタンスタンド」を使って1番明るいランタンを吊るします。

 
なるべく上に置くことでサイト全体が明るくなり子供達も安心できます。

そして1番明るいランタンを離れたところに設置し、食事テーブルなどには光が弱めのランタンを置くことで光の強弱をつけ、団欒スペースに虫を寄せないように工夫できます。
 
キャンプシーズンは虫との闘いにもなるので虫対策はしっかりとやっておきたいですね。
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする