【初めてのファミリーキャンプ】どんなテントを選べはいい?

 
よしっ!キャンプやってみよう!
 
キャンプが流行している現在、そう決意しているお父さんやお母さん方が多いはず。
 
キャンプをする為に購入するもので、まず最初に思い浮かぶのはテント
 
1番大きく、1番高い買物ですから失敗はしたくない!
 
でも今の時代、テントって数がありすぎて何を選べばいいかわからない・・・ってのがこれからキャンプを始める人の多くが悩むことですね。
 
なのでこれから初めてファミリーキャンプをする人のテント選び、重要な3つのポイントをご説明します。
 
 

・寝室の広さ

・前室があるか
・耐水圧
 
寝室の広さ
ファミリーキャンプでは寝室(インナー)の広さが重要です。
 
家族全員が寝ても余裕があり、荷物なども置ける広さが必要です。
キャンプ経験が少ないと荷物が多くなりがちな傾向があります。
さらに小さな子供がいると色々と必要なものもでてきます。
 
ここでひとつ重要なことがあります。
 
テントの収容人数です。
 
テント購入の際に使用人数が表記されていますが、その人数をあてにしてはいけません。
 
例えば使用人数が3〜4人となっていた場合4人ではあまりにも窮屈過ぎます。
テントの使用人数はあくまでみんなが横になって寝た状態で、最大何人寝られるかという表示になっています。
 
この場合2人だと余裕のあるキャンプができます。
 
最大使用人数から二人分引いた人数で考えてみてください。
 
 
なので大人2人、子供2人だと使用人数が5〜6人のテント。
もしくは寝室の幅が300cmあればかなり余裕です。
子供が1人増えて5人になっても大丈夫でしょう。
 
前室があるか?
前室はテントの寝室前にあるくつろぎスペース。
リビングのようなものです。
ここで料理をしたりご飯を食べたりするわけですが、ファミリーキャンプの場合はテントと前室が一体型になっているほうが良いでしょう。
 
もし友達の子供など人数が増えたときも前室を利用して寝ることもできますので寝室スペースが一気に広がります。
 
そして前室がないテントの場合、別にタープを張りリビングを作ることもできますが、タープを張るとポールやロープの数が増えるので子供達が走り回ったりして遊んでいると足を引っ掛けて転ぶことがあります。
 
また、初心者であればタープを張る手間が省けるのでやはりテントと前室は一体型の方が何かと便利です。
 
耐水圧
テントにおける耐水圧とは、テントの生地がどれくらいの防水性があるか示した数値です。
 
天気予報が外れ突然雨が降り出してきたというのはキャンプでよくあること。
 
雨漏りの心配もありますので、耐水圧も確認しておかなければなりません。
 
テントのスペックに耐水圧が表示されている場合、一般的には1500mm以上であれば通常の雨降りでも問題ないと言われています。
 
ただ、メーカーによって耐水圧が表示されていなかったり、高い耐水圧を表示されていてもテントの一部分の最高耐水圧であったりとメーカーでバラバラです。
 
なので、耐水圧を確認するとなるとメーカーで表示された数値を信じるか、口コミなどを調べる、または有名ブランドのテントを購入するか。
 
有名ブランドであれば耐水圧に問題のあるテントを売っているとなると信用に関わりますからね。
ファミリーキャンプ向きテント紹介!

・ゆったりとした寝室

・前室がある
・耐水圧1500mm以上
・リーズナブルな値段(高くても6万円程度)
 
これらを考慮しておすすめテントを紹介します。
 
 
Coleman(コールマン)
日本で最も知名度の高いアメリカのアウトドア用品メーカー。
 
タフスクリーン2ルームハウス

 
 「ザ・ファミリーテント」といっても過言ではない大きさ、形、丈夫さを兼ね備えたテントです。
前室もかなり広くとってあり、ゆったりと
くつろげるテントです。
耐水圧も2000mmと高く、かなりの高スペックでありながら値段は手頃。
ファミリーキャンプをするならば超おすすめです。
 
 
 
タフオープン2ルームハウス

テントと一体型のタープによる前室。
タープは大きめに作られているので広めの前室がとれ、アレンジ次第では色々形が変えられます。
上で紹介したタフスクリーンの前室のようにプライベート空間はできませんが、開放感のあるキャンプ、これから色んなキャンプを楽しんでみたいという方にはおすすめです。
 
 
 
 
 
キャプテンスタッグ 
国内メーカーでは知らない人がいないくらい普及しているメーカーです。
ホームセンターなどでは必ずと言っていいほどキャプテンスタッグのアウトドア用品がありますね。
 
オルディナスクリーンツールームドーム 

寝室も前室も広さは申し分なく、前室の横の部分はさらにタープを跳ね上げることができます。
この大きさで通販価格は3万円を切る価格となっているのでコスパはかなり良いかと思います。
 
 
 
 
DOD(ディーオーデイー)ドッペルギャンガーアウトドア
斬新なデザインと高い機能性で生産が追いつかない程予約が殺到する人気アウトドアメーカー。
個人的にかなり好きです。
 
 
カマボコテント3 M
 
こちらのテントも超人気商品。
S、M、Lとサイズがあるが家族4〜5人であればMが丁度良いです。
高い拡張性と広い寝室とリビング。
耐水圧もアウターは3000mm、インナーは5000mmと、かなりの雨量でも雨漏りの心配はなさそうです。
 
 
 
 
 
snowpeak (スノーピーク)
高品質の為にこだわり抜いたアウトドア用品は世界から注目されるほど。
製品は全て永久保証。
絶対の自信を持って製品を送り出す姿勢はまさに職人です。
 
 
アメニティドームL

超高品質でありながらお買い求めやすい値段です。
前室は跳ね上げて広くすることもできますが、別売りのポールを購入しなくてはいけないのが少し残念。
同じような長さであれば別メーカーのポールでも大丈夫です。
寝室は広く作ってあるので快適に過ごせます。
 
 
 
 
FIELDOOR(フィールドア)
コスパ最強と言われる国内メーカー。
品質は悪くないのに同じようなテントでも他のメーカーよりもかなり安く買えます。
その訳は通販専門のメーカーだからです。
店頭などに商品を置かない為コストが削減でき結果激安で商品を提供できてしまいます。
 
 
CAMP DOME 300

 
寝室はかなり広めに作られていて、前室も4人程度なら問題なく過ごせます。
私も使ったことがありますが、価格がとにかく安いので一度試しにキャンプしてみるか!って人にはオススメです。
 
 
 
 
LOGOS(ロゴス)
ロゴスは家族をテーマにしたアウトドア用品を送り出しています。
家族みんなが面白い、楽しいと思える製品がたくさんあります。
 
 
neos PANELダブルリビングドーム XL-BJ

 
かわいらしい柄のテントが多いLOGOSですが、少し無骨さを感じさせるこのテント。
 
ワイドな空間とタフな素材で安心感のあるキャンプができます。
 
車とリンクすることもできるので使い方色々。
 
 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする