【キャンプ】テンマクデザインの調理アイテム。これは欲しくなる!

焚火台

いろり炉「Bon火」

焚火本舗とのコラボレーション。
その名の通りまるで囲炉裏を囲んでいるかのような空間を再現。
地べたスタイルで丁度良い高さに設定されている。
 
囲炉裏のように炭で暖をとっても良し、焚き火で火を眺めるのも良し。
スタイルは自由。
 
中央からの空気が上昇気流を起こし、中央に酸素を運ぶことでよく燃えます。
収納は土台の木枠にすべて収納可能。

焚き火スクエア

四方に開いてる通気口で酸素を取り入れ効率よく燃焼する。
大き目の薪も問題なく入るサイズ。
料理用五徳の幅を調整することでシェラカップから鉄板、網、ダッチオーブンなどを置くことができ料理がやりやすい。
 
引出し式の灰受けは後片付けも簡単。
便利な火消し蓋も装備されていて、就寝時や撤収時などに便利。

焚き火グリル”とん火”

以前の「とん火」から改良されリニューアル。
組立後の移動が簡単になり、背面の板を追加することで空気の通り道も追加されて二次燃焼の効果があり、煙が少なく快適に焚火ができる。
条件があえば炎が渦を巻くこともある。
 
3面に設置される風防は火を安定させ、料理をしやすくし、また反射式のストーブのような役割を果たすのでケトルなどのお湯も早く沸き、暖をとるにも効率的だ。
ソロキャンプには最適な焚火台。

男前ファイアグリル

オールチタン製でその重さは500グラムという軽量焚火台。
設置は数秒で完成できる。
軽い・速い・コンパクトという3つの要素はソロキャンパーにはありがたい。
更にチタン製の五徳も標準装備
 
市販の薪の長さ、太さでは入らない為薪割りは必須。
料理の際は炭での調理もやりやすい。
クッキング用品

ステンレスケトル 2.0L

オールステンレスで耐久性が良いケトル。
焚火の火でもものともしない。
注ぎ口に蓋がついており衛生的。

ワーカーズオカモチⅡ

万能ステップキャリーボックス
 
調味料BOXとして使用でき、家庭で使用している醤油などの調味料がそのまま入る高さになっている。
包丁やまな板なども一緒に収納できる容量がある。
 
他にもマグカップ、ワイングラス、コーヒーセットなど多様な物を収納できる。
 

スパイスボックス

スパイス、調味料を整頓して持ち運びでき、調理の際は見やすく取りやすい。

ワーカーズ カッティングボード【チーク】

ミニボード付きのカッティングボード。
肉をカットしたときの肉汁などが落ちないように溝があるのがいい
ミニボードにソースや調味料を入れる皿として使うこともでき、至れり尽くせりのまな板だ。

ワークラック

並べたり重ねたりと自由に拡張できるラック。
荷物を置いたり、フライパンや食器を置いたりと使い方は色々。
縦に重ねることで見やすく、スペースを有効活用できるのでキャンプ場では重宝する。
 

ホルモン焼き板

ホルモンや豚肉など油の多い肉専用の鉄板。
油が下に落ちて炎が燃え上がっても肉が焦げにくいようになっている。
 

ステンレス布巾

水だけで汚れを落とせるステンレス製の布巾。
使用後は火に炙って殺菌と乾燥ができるという大胆な布巾。
1枚は常備しておきたい商品。
 
タクティカルライスクッカーセット
 
フライパン、ライスクッカー、小鍋、ザルと4点セットのクッカー。
全てフッ素加工しているので炊飯、焼物、炒め物など料理全般がやりやすく、洗い物も楽だ。
 
嬉しいのはザルもついてくるのでラーメンやそうめんも作れるし、鍋にザルを入れて蒸し料理もできる。
 
ライスクッカーは3合まで炊けて、わかりやすい目盛りもあり、失敗しにくいクッカーと言われている。
ソロならこの1セットで大概の料理ができる。
 
 

シェラカップ

 
チタンシェラカップ275
チタン製の超軽量シェラカップ。
重さはなんと36グラムで容量275cc。
 
ステンレスシェラカップ深型250
深底タイプなのでおつまみ程度の簡単な料理もやりやすい。
アイアンストーブの刻印とサーカスTCの刻印のものがある。
 
ステンレス シェラ カップ【ソルム】
人気テントの「ペポ」をモチーフにしたシェラカップ。
 
 
ステンレスシェラカップ 300【パンダキャンプ】
テントの「パンダ」をモチーフにしたシェラカップ。
容量はたっぷり300cc。
 
 
 
四万十塾デカシェラカップ
容量1リットルのデカシェラカップ。
鍋を作ってそのまま食べられるし、夏は氷と大量のそうめんなんてのも良い。
 
 
山と食欲と私 × tent-Mark DESIGNS
ステンレス シェラカップ
 人気漫画「山と食欲と私」をモチーフしたシェラカップ。
 
 
 
ストーブ
 

ウッドストーブ

頑丈なステンレス素材の薪ストーブ。
暖をとることはもちろん。料理をするにも便利なストーブ。
天板の丸い蓋を外すことで直火料理も可能。
両サイドのロストルにケトルや鍋を置いて保温することも。
 
側面のガラス窓からは中の火が見えるので
まったりと癒やされる。
 
サイズはS、M、Lと3種類あり、オプションも多数展開されている。
 
 

チタンストーブ

「ツーリングにも持っていけるほど軽い」
がキャッチフレーズの超軽量チタンストーブ。
 
薪ストーブがここまで軽くコンパクトに収納できるとは驚き。
薪を入れ、熱をくわえると青く変色するのもチタン特有の魅力。

マキコン3

ゆらゆらと揺らめく穏やかな薪ストーブの炎とは対象的に、勢い良く煙突から炎が上がるロケットストーブ。
マキコンは料理をするにも便利なデザインなので煙突部分では高火力を必要とする料理もできる。
また、ロケットストーブのメリットはその構造上、大きな薪を必要とせずそのへんに落ちている枝や落葉などで充分な火力を得ることができる。
大人の火遊びとしては最適なストーブだ。
 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする