【キャンプ】コスパ最強「フィールドア」!厳選商品!

 
 
アウトドア用品業界ではコスパ最強との呼声が高いフィールドア」
 
ユーザーからコスパがいいと言われている理由は、無店舗でインターネットのみでの販売となっている為、人件費や店舗の維持費、土地代などの経費がかからないので商品を安く提供できる。
 
なので「安い」=「粗悪品」ではないのだ。
 
事実フィールドアのキャンプ用品はネット上の口コミや評価は高く人気がある。
 
「品質の良さと良心的な価格」
これがフィールドアの魅力だ。
今回はフィールドアの商品の中でも厳選したキャンプを紹介。
 
 
クラシックチェア
木の温もりが安らぎとリッチな気分にさせてくれる組み立て式のチェア。
 
フレームは木製で生地はコットンとなっており、手触り、座り心地が良く安定感がある。
 
組み立て式の為、収納時は驚くほどコンパクトになりファミリーキャンプで人数分持ち込んでもスペースはあまり取らない。
 
またコットン生地のなので火の粉に強く、焚火の際に近くに置いても安心だ。
 
この手の木製組み立て式チェアは価格は数万円程度するものが多い中、この値段で提供できるのは素晴らしい。
 
キャンプだけではなくインドアでの使用もおすすめ。
 
4種類のタイプ
 
・ノーマル
ロータイプでゆったり座れる。
 
・ハイ
脚が長いので「立つ」「座る」という動作が楽にでき、通常サイズのテーブルに合わせられる。
 
・ワイド
体が大きい方や横幅にゆとりが欲しい方にはワイドサイズがおすすめ。
 
・ミニ
小さい子供も地面に足をつけられる安心設計。
大人も座れる幅になっている。
 
 
色はそれぞれ「ブラック」と「カーキ」がある。


 
 
 
 
 
 
ノーザンクーラーボックス
高い保冷力を保ち、機能性、デザインも申し分ないクーラーボックス。
 
断熱材の厚さは最大約5cmもあり、裏蓋のパッキンも気密性に優れ、バツグンの保冷力を持つ。
フィールドアでの実験では、10月の室温で氷を入れ、7日間放置しても氷は溶けきらない状態であったとのこと。
 
また、保冷力だけではなく使いやすさや機能性を、細部までこだわっている。
 
ガッチリと蓋を閉められるT字ハンドル。
気圧で蓋が開かない場合の空気開放ハンドル。
クーラーボックス内の水を抜く排水口。
 
蓋には釣った魚の大きさなどを測れる目盛りがついている。
栓抜き
ロックができる。
といった様々な機能が満載だ。
 
 
【サイズ】
42.5リットル
 
33.1リットル
 
18.9リットル
 
クーラーボックスを地面に直置きしたくないという場合は木製クーラースタンド」
も別売りで購入できる。
 

 
 
 
 
ウッドロールトップテーブル
 
自然と一体感が出る木製ロールテーブル。
 
アルミテーブルなどの金属にはない上品さがある。
 
天板はロール式になっているのでコンパクトになり、収納ケース付きなので持ち歩くのにも便利だ。
高さは45cmとなっており、ロースタイルに合わせたテーブルになっている。
 
サイズは3種類
【120cm】、【90cm】、【50cm】とあり、
天板幅120cmは4人掛けで丁度良く、90cmは2人掛け、50cmはソロ用かサブテーブルとしての使用が丁度良い。
 
120cm
90cm
50cm
 
インドアで使用しても使いやすくキャンプと兼用できる。

 
 
 
 
 
アルミテントポール280
 
不動の人気を誇るフィールドアの「アルミテントポール」
 
大型のタープやTC、コットン素材などの重量があるタープにも対応できる1.5ミリ厚のアルミ製ポール。
 
直径は32ミリ、長さは最大280cm。
4本のポールを連結することで最大280cmまでの長さになるが中のポールを外したり先端のポールの微調整をすることで好きな長さに変えられる。
かなり丈夫なスペックになっているので、
大型のタープや空間を広く使いたい、重いタープを使いたい時などに重宝する。
 
レッド、ゴールド、シルバー、ブラウン、ブラック、木目調 と6種類ある。
 
ファミリーキャンプ、グループキャンプでタープを使用するのであればこのサイズの丈夫なポールは持っておきたい。

 
 
アルミコンパクトコット
 
ポリエステル素材の低めのロータイプコット。
 
ロータイプのコットのメリットは脚が短い分収納がコンパクトになるところ。
あとは好みの問題。
 
最近はロースタイルがキャンプの流行りなので、コットもロースタイルで合わせたい方はおすすめ。
 
コットは就寝時だけではなくベンチとしても使用できるし荷物を置く場所にも使える。
 
ベンチとして使用すればローチェアとして複数で座ることもできる
 
焚火の近い場所で使用する場合はTC素材のコットもあるのでこちらもおすすめ。
 

 
 
サイズは「ノーマル」と「ワイド」の2種類あり、ノーマルで幅60cm、ワイドだと幅78cm。
男性だと60cmは狭いという方が結構いるのでワイドがおすすめ
 

 
 
 
アイアン焚火スタンド
無骨でワイルドなキャンプをしたいならアイアンツールはおすすめ
鉄製品は頑丈で重量があるので安定感と安心感があり焚火料理の心強い味方だ。
 
サイズは【86cmタイプ】と【144cmタイプ】があり、144cmタイプは吊り下げロストルが付いてくる。
 
 
ロストルには重いダッチオーブンも安心して置ける設計になっており、鍋料理、煮込み料理も捗る。
 
ファミリーキャンプで子供に火の扱い方を教えながら料理をするのも1つの楽しみ方だ。
 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする