【キャンプ】ブランドよりも「コスパ」優先!お金をかけないキャンプするには? 安いおすすめキャンプギア!

 
今やキャンプブームであらゆるブランドから思考錯誤を凝らした品質のいいキャンプ用品が沢山展開されキャンプがとても身近なものになり便利になりました。
 
ただ、あまりにもキャンプがブームになったことと、インスタグラムなどのSMSの影響でキャンプがファッション感覚になっており、ブランド物のキャンプ用品でかためる人も大勢います。
 
そういうのを見てしまうとキャンプ初心者には敷居が高く感じてしまいますよね。
 
 
でもご安心を!
 
お金をかけずに安くキャンプを楽しんでる人はさらに大勢います。
 
キャンプはお金持ちだけができる趣味ではありません。
 
確かに高いキャンプ用品は品質が良く長く使える商品である確率が高いですが、ブームのおかげで逆に安くて品質がいい商品も大量に出回ってるです!
 
しかし安けりゃいいって言うわけではありません。
 
あくまで安くていい商品。コスパが良くなければだめなわけです。
 
 
【テント】
キャンプ用品の中では1番お金がかかるのはテントです。
 
テントさえあれば外で寝泊まりできるのでキャンプができます。
まぁほぼ無理ゲーですが。
 
お金をかけないキャンプを心掛けるのは大事ですが、テントはキャンプの基本です。
 
ファミリータイプのテントで7000〜8000円程のバカみたいな値段で売っているものは気をつけなければなりません。
 
生地が弱くて破けたり、ポールに柔軟性がなく折れたり、雨漏りがしてきたりという確率が高いです。
 
では、どれくらいの値段のテントだとそういった不安を解消してくれるのかというと、ファミリータイプのテントではだいたい倍の値段、15000円程度のテントであれば大丈夫かなといった感じです。
 
そのくらいの値段であればそれなりにしっかりとした作りになっています。
 
ただ、値段だけではなく口コミや評価、ブログなどでの使用した感想などを調べてみて、納得できる商品を買いましょう。
 
おすすめはこちら
 

FIELDOOR フィールドキャンプドーム300

 

山善 キャンパーズコレクション プロモキャノピーテント5

 
 
 
クイックキャンプ (QUICKCAMP) ダブルウォール ドーム ラージ

 
 
 
 
【椅子】
アウトドアチェアで安いものといえばキャプテンスタッグ一脚1000円程の商品です。
 

値段としてはこれが最低ラインですね。
 
特に座り心地が悪いわけでもなく、機能的にも問題はありませんのでとにかく安く済ませたいというならこちらでいいでしょう。
 
 
ただ、せっかくだからもう少し雰囲気のある椅子が欲しいという方はニトリの木製ローチェアがおすすめです。
 

 
木製チェアなのでキャンプの自然な雰囲気に良く合います。
 
値段は3000円程で、アウトドア用の木製チェアと比べると半分程度の値段です。
 
生地も作りもしっかりしているのでコスパは非常にいいと言えるでしょう。
 
ちなみに今は地べたスタイルという椅子を使わないキャンプスタイルも流行っているので椅子を買わなくても問題ありませんね。
 
 
【テーブル】
 
ファミリータイプの安いテーブルといえば色んなメーカーから出ているこのようなアルミ製の折り畳みタイプのテーブル。
 

長さ120cmだと4人で座れる大きさのテーブルです。
 
価格はだいたい4000円程度です。
ブランド物だと一気に値段が上がりますが機能的には一緒です。
変わるところといえば耐久性と精密さですね。若干使いやすいかと思います。
 
 
長さ120cmクラスのテーブルで4000円程度で買えるのはほぼこのタイプだけですね。
 
私も実際にこの手のテーブルを使っていましたが特に不便を感じることはありませんでした。
 
ただ、材質がアルミなので軽量なんですが逆に重みが足りず不安定になることもあります。
 
テーブルの脚の長さは調節ができるのでローテーブルとして使用したほうが安定しますね。
 
色が気にいらない場合はテーブルクロスなどを置くと一気に雰囲気が変わりますし、汚れ防止にもなるのでお試しあれ!
 
 
 
【BBQコンロ/焚火台】
BBQコンロや焚火台はオールステンレス製がいいでしょう。
 
かなりの高熱になるのでメッキや色がついたものは結構簡単に剥げてしまいます。
 
脚だけ鉄製のものなどもありますが、そこから錆が出てきてしまいます。
 
オールステンレスであれば錆に強く、もともと剥げてしまうようなコーティングがなければ見た目も気にせず長く使うことができます。
 
安くておすすめなBBQコンロ&焚火台
 

 

 

 
【LEDランタン】
ランタンもテントと一緒でキャンプの必須アイテムです。
しかし、この記事はあくまで安くキャンプをしたい人向けです。
安く済ませるなら灯油やガスランタンよりはLEDランタンです。
 
ランタンもただ明るければいいと言うわけではありません。
 
シーンに合わせた光の強さ、光の色も必要です。
 
料理を作っている時に欲しい灯り、食事の最中や、ホッと一息ついている時、就寝時の小さい灯りなど様々なシーンに対応できるランタンがいいですね。
 
今は安いランタンでも灯りの強さと色を調節できる者が沢山あります。
 
安くておすすめなLEDランタン
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする