【ファミリーキャンプ】荷物が多くなり過ぎる・・・

 
ファミリーキャンプ初心者あるある。
 
「荷物が多すぎる」
 
キャンプを始めたばかりの頃って荷物が多くなりすぎて逆に不便感じるものです。
 
最初のうちは「もしかしたらあれも必要になるかも、これもあったほうがいいかも」
と考えてるうちにどんどん荷物が増えてくるんですよね。
 
私もキャンプを始めた当時は荷物が多くなり過ぎて車がパンパンになった思い出があります。
 
そしていざキャンプ地に着くと色々と物が散らかってしまい、どこに何があるかわからなくなってしまう。
 
また、荷物が多いとキャンプ終了後の撤収も面倒くさくなってしまうんですよ。
 
結局準備や撤収に時間がかかってしまい、あっという間に夜になって朝になって帰る時間になってしまう。
 
なんて経験ありませんか?
 
 
なぜ荷物が多くなるのか?
 
①経験値が足りない!
 
荷物が多くなってしまう原因の1つは経験が足りないことです。
 
必要なものとそうでないもの。それらの量や数の加減がまだわからないからです。
 
特に食材や飲物。意気込んで買ったはいいけどもほとんど手をつけずにお持ち帰りしてしまうこともあります。
 
まぁ、足りないよりは少し余るくらいの方がいいですけどね。
 
これは何度かキャンプをやり、経験を積んでいくしかありません。
 
3〜4回も行けば加減がわかってくるでしょう。
 
 
②コンパクトなキャンプギアが充実してない。
 
アウトドア用品というのは大体折りたたみができ、コンパクトになるんだぜ。
 
まぁ知ってると思いますけど。
 
キャンプを始めたばかりの頃は道具がなかなか揃っておらず、機能的なキャンプギアが少ない為収納にスペースをとってしまいがちです。
 
コンパクトで使い勝手のいいキャンプギアを揃えれば荷物も半減できます。
 
 
③収納BOXがない。
 
きちんとした収納BOXがないと荷物が乱雑になり、結果荷物が膨れ上がってしまいキャンプ中も物が散らかり、必要な物がどこかわからなくなります。
 
別にキャンプメーカーが販売している収納BOXじゃなくてもいいんです。衣類用の収納BOXや工具入れのBOXでも構いません。
 
ただ、種類が同じ収納BOXだと縦に積み重ねることができたりするので荷崩れが少なく、荷物を積むときも楽です。
 
 
荷物を減らす為にすること
 
食材は必要な分だけ切って持っていく。
 
例えば家族4人分のカレーを作る為に人参1袋、ジャガイモ1袋、玉ねぎ1袋だと多すぎますね。
食材はパックから出して持っていく。
食材で1番かさばるのがトレーパックです。
肉などはパックから取り出しジップロックなどに入れていけば3分の1程度になりますしゴミも減らせます。
お菓子類やカップラーメン
量の割に場所を取るのがお菓子やカップラーメン。
ポテトチップスなんかは最たる物で、袋の中の7割は空気。
何袋も買うようなら袋を開けて空気を抜いて持っていった方がいいでしょう。
 
カップラーメンも場所を取るので煮込むインスタントラーメンの方が良い。
 
正直ここまでするか?って感じですけど荷物ヲ減らすのが目的ならやった方が良い。
燃料を減らす
炭やガスなどの燃料を持って行き過ぎるってのもあるあるです。
調理だけで利用するのであれば、炭なら3kg、ガスなら1〜2本で足ります。
(もったいない使い方をしなければ)
 
 
コンパクトになるキャンプギアを購入
コンパクトになるキャンプギアを揃えることで容量を大幅に減らしてくれます。
 
 
テーブル

 

 

 
 

 
 
 
チェア
 
 

 

これらのタイプのチェアであれば収納時はかなりコンパクトになるので家族分持っていってもさほど場所を取りません。
 
 
 
シェラカップ
 

シェラカップはキャンプの時には実に便利収納性があります。
食べ物の取り皿にもできるし、スープやご飯、飲み物を入れるなど用途は色々。
冷めてきたらそのまま火にかけ温めることができます。

 
 
 
クッカー
 

鍋やフライパンもスタッキングできるものを選ぶべし。
スタッキングとは重ねるということです。
 
 
 
 
バーベキューコンロ・焚火台
 

ユニフレーム
家族分の食材をしっかりと焼ける面積があり、丈夫で収納もコンパクト。

 

UCO
ユニフレームのコンロより焼く面積は小さいが更にコンパクトにしたいならこちらがおすすめ。
 
 

 
 
収納BOX
 
 

 
 
キャンプ道具は他にも色々とコンパクトで便利な物が沢山あります
 
荷物を減らすにはキャンプで使用するものしないものを見極めて駄な物を省くことと、事前の準備道具をコンパクトにすることです。
 
知識と経験と道具でいいキャンプができるようにしましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする