【キャンプ】地べたスタイルが1番やりやすかった!

地べたスタイルって何かというといわゆるお花見スタイルですね。
シートを敷いてその上に座るやつです。
 
キャンプでもなんだかんだで地べたスタイルが1番良かったってお話しです。
 
 
キャンプって回数が増すごとに荷物や道具、設営、料理、撤収などがだんだんと洗練されていきますよね。
 
その過程で色んなことを試すわけですが、キャンプ場に着いて、その日はたまたまテントの設営前にレジャーシートを広げてお昼ごはん食べたわけですよ。
 
そのまま椅子を出すのが面倒になっちゃってずっとレジャーシートに座って1日過ごしてたわけですよ。
 
地べたスタイルいいじゃん!
 
 
今までのキャンプは椅子に座ってゆっくり過ごすという固定概念ありました。
 
なので、椅子の座り心地を重要視してたわけですが、結局はどんな椅子でもずっと同じ体勢なんで座り続けると疲れてくるんですね。
 
まぁ世の中には座り続けても疲れない椅子もあるかもしれませんが
 
地べたスタイルの利点は?
地べたスタイルはファミリーキャンプグループキャンプでその良さがわかります。
 
なぜかというと、椅子がないおかけで人が寄り添いやすいんですよ。
 
見てください

 
 
くつろぎ感半端ないですよね?
 
 
椅子があるとスペースが限定され、個人の境界線ができてしまいます。
 
でも地べたスタイルは境界線がないんです!
 
小さな子供だったら大人しく椅子に座っているよりもすぐに両親に甘えられる距離にいた方が楽しいでしょう。
 
グループキャンプで好きなあの子とぐっと距離が縮まることもあるかもしれません。
 
寒さ対策にも
 
寒さを感じてきたら隣の人とブランケットや毛布をシェアすることもできます。
 
複数の人の体温で暖かみが増します。
 
椅子のように下にスペースがないので寒さ対策にもなるわけです。
後は自由度も高いですね。
 
ご飯をたべたらそのまま寝そべることも、寝そべりながら星空をみることも、横になってお酒を飲むことも。
 
寝てばかりですがめちゃ楽です。
用意するもの
 
地べたスタイルといっても下は地面なのでペラペラの薄い敷物では心許ないです。
 
天気が良くても芝生などは水分を含んでいるし、夜露などで湿ります。
 
片側が防水の厚手のレジャーシートがおすすめです。
 
私はその上に座るところだけクッション性のあるウレタンマットなどを置き、焚火などの火の粉対策に綿のラグシートを敷いてます。

 

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする