ナイアシンを飲んでみた。

みなさんナイアシンって知ってます?
 
 
ナイアシンは別名ビタミンB3と呼ばれており、人が生きていく上で必要な酵素の働きを助ける『補酵素の役割があります。
 
実は私結構な酒好きなんですが、ひどい二日酔いに悩まされることが多々あり、何かいい薬がないものか探していたらナイアシンを見つけたんです
 
ナイアシンには二日酔いの原因であるアセトアルデヒドという有毒な物質を分解する酵素を活性化させる働きがあるとのこと。
 
お酒の量が多い方やアルコール依存症の方などは常にナイアシンを消費している状態なのでナイアシンが不足しているようです。
 
これは試してみなければ!
 
と思いナイアシンについてもっと調べました。
 
するとナイアシンはアセトアルデヒドの分解酵素を助けるだけではなく500種類以上の酵素をサポートする優秀な補酵素だということがわかりました。
 

ナイアシンはどのような効果を発揮するか 

 
 
血液循環を良くする。
 
二日酔いに効く
 
皮膚や粘膜の炎症を防ぐ
 
鬱病や統合失調症などの精神疾患に効く
 
脂肪、糖質をエネルギーに変える
 
中世脂肪、コレステロールを下げる
 
 
などなど、色々な効果があるようです。
 
 
そして調べていく中で気になる言葉が・・・
 
 
ナイアシンフラッシュ
 
 
なんだそれは!
 
 
ナイアシンフラッシュはナイアシンを服用することで起こる副作用だとのこと。
 
え~ 副作用があるならやめようかなと思っていましたが、なんとその副作用を楽しむ為にナイアシンを使用している人が多数いることに驚きました。
 
その副作用は、体が痒くなる、体が熱くなる、体が赤くなる等とても体に良さげなものではなさそう・・・
 
しかし、その副作用がクセになりやめられないのだという。
 
どういうことなのか
 
上記の副作用が出る理由は、ナイアシンによるヒスタミンの放出時に起こると言われています。
 
ヒスタミンとはアレルギーを引き起こす物質で、ヒスタミンが体内に貯まることで花粉症などのアレルギーを引き起こすようです。
 
ナイアシンはそのヒスタミンを体内の貯蔵細胞というところから放出することで体の赤みや痒みを引こ起こすとのことです。
 
また血液循環が良くなり体が温かくなっていくようです。
 
なので、ナイアシンフラッシュは体内にヒスタミンがないとあらわれないので日頃ナイアシンを摂取している方はナイアシンフラッシュが起こりにくくなります。
 
体的にはプラスになる副作用のようですね。
 
またナイアシンにはニコチン酸ニコチン酸アミドの2種類がありますが、ナイアシンフラッシュを引き起こすのはニコチン酸のほうです。
 
ニコチン酸アミドを飲んでもフラッシュは起きませんので購入の際は注意しましょう。
 
 
というわけで、ナイアシンを実際に試してみたくなりAmazonで探してみたところ、
メジャーなものは海外からの取り寄せになるようだ。
 
日本ではマルチビタミンやビタミンB群のサプリの中にナイアシンが含まれているというかたちですが、海外のものはナイアシン単体であるようです。
 
一見して多いのは1カプセル100㎎のタイプと500㎎のタイプ。
 
ナイアシンの1日に推奨されている量は成人男性で15㎎程度。
 
それを考えると1カプセルで500㎎なんてとんでもなく多いですね!
 
そんなに取りすぎて体に何かしらの負担がかからないのか不安になりますよね?
 
しかしナイアシンは水溶性のビタミンなのです。
 
どういうことかというと、水溶性のビタミンは水に溶ける性質があり、必要な分以外は体に残らず排出されるので摂取しすぎても体の毒にはならないということです。
 
水溶性の反対は脂溶性といい、こちらは水に溶けないので摂取し過ぎると体に溜まっていき、必要外の物質になるので体にとって悪影響になります。
 
ただ、ナイアシンの場合は必要な分以外は排出されますが、肝臓によって一度分解されてから排出される過程になっているようで、分解の過程で肝臓に負担がかかってしまいます。
 
ビタミンの種類によってはいくら水溶性とはいえ摂取し過ぎは良くないものもあります。
 
以上のことを踏まえると500㎎は私にとっては少し多い気がするので、100㎎を購入

 
 
海外からの発送になるので若干日数はかかりますが、1週間ちょっとで無事届きました。
 
こんな感じです。
 
 
1000円ちょっとで100粒入っています。
 
値段もそんなに高くないので失敗してもいいかなってくらいですね
 
 
さっそく、食後に1つ飲んでみましたが、
20分くらいして、すこーしだけ手や顔がピリピリとするくらいでそれ以外は何事もなく終わってしまいました。
 
100㎎だとこんなもんかなー
 
と思い、体には影響はなさそうなので次の日は空腹時に飲んでみました。
 
2〜30分するとなんだか昨日よりもピリピリした感じが強くなり若干首のあたりが温かくなってきました。
 
おっ!きたかなって感じで少し待っていると
 
 
温かいを通り越して熱くなってきたのです!
 
 
主に上半身が熱さを感じ、手の甲や体が赤くなってきました。
 
マジかよ。これって大丈夫なの!?
 
と、ちょっと怖くなるくらいに
 
30分程でその感覚は段々と落ち着いてきました。
 
実際にこの症状が体にとってプラスになるのかはわかりませんが、何らかの変化があることは確かです。
 
さて、私がナイアシンを購入した目的は二日酔い対策です。
 
ちょうどナイアシンを購入してすぐ飲み会があったので、試してみました。
 
ナイアシンを飲んでみたタイミングは飲み会が終わり帰宅してから
 
次の日の感想は・・・
 
ナイアシンすげーかも!!
 
でした。
 
私の場合深酒をすると二日酔いのダメージがハンパなかったんです
 
次の日の夜寝るまで具合が悪い状態が続いてました。
おそらく日常的な飲酒でナイアシンが常に不足している状態でアセトアルデヒドを解毒できなかったんでしょう。
 
しかしナイアシンを飲むようになりほとんど二日酔いがなくなりました。
 
効き目には個人差があるとは思いますが、私にとって必須アイテムとなったナイアシン。
 
それとナイアシンの効果なのか肌の調子が良くなったとも言われます。
 
ただ、ナイアシンフラッシュに関してはヒスタミンが放出されてしまったからなのか、最初の1回だけでした。
 
おそらく飲む量を増やしたり、一旦飲むのをやめればまたフラッシュできると思いますが、そもそもナイアシンフラッシュは目的ではないですし、あまり大量に摂取するのもどうかと思うのでやめておいています。
 
もしみなさんも興味があればナイアシンを購入してみてください。
 
思いもよらない効果が有るかもしれません。
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする