テレビを買いたいけど、機能の違いがよくわからない

テレビを買いたいけど 今どきのテレビ事情が色々わからない
 
 
テレビって普段なかなか買うものではないので、久しぶりに買い換えようとしたらなんだか聞き慣れないキーワードがたくさん。
 
そんな経験ありませんか?
 
 
普段からテレビや家電に興味があり調べてる人ならいいですが、興味ない人がいざ電気屋さんに行ってもよくわからない言葉で埋め尽くされて何を買っていいかわからない。
 
 
なんてことはよくありますよね。
 
 
ここでテレビに関する最低限のキーワード覚えておきましょう。
 
そうすればテレビを購入するときに楽しく買い物できるはずです。
 
ここからの説明文はあくまでテレビのことがよくわからない方がイメージしやすいように言葉を選んでますので家電上級者の方のツッコミはなるべくお控えください。
 
画素数・解像度とは
画素数や解像度ってなにかと聞かれると、なんとなく映像や画像の美しさ、画質のことかな?ってなんとなくは察しがつきますね。
 
少し具体的にいうと・・・
 
画素』とは『ドット』とも呼ばれ、簡単にイメージしてもらうと、テレビに並べられた『だと思って下さい。
 
この点にひとつひとつ色がつき映像が映るわけです。
 
 
これはスーパーマリオのドット絵です。
 
 
マリオの姿だと認識はできますが、初期の頃なのでまだまだドットが大きすぎて絵がカクカクとしてますね。
 
それが技術力が進化し、ドットが小さくなりだんだんとなめらかになっていきます。
 
 
 
テレビもこれと同じように画素数が多くなると綺麗で鮮やかな色となめらかな映像が映し出されます。
 
だいたいどれくらいの『点』があるのかというと、
 
 
横1280×縦720=92万1600画素   ハイビジョン対応テレビ
 
横1920×縦1080=207万3600画素 フルハイビジョン対応テレビ
 
 
この二つの画素数はおそらく日本で1番多く使用されているテレビの画素数です。
 
テレビの画面上にはこれほど多くの『』があるのです。
 
上と下の画素数を比べると倍以上の画素数がありますが、場所や用途によってはそれほど多くの画素数が必要ないこともあります。
 
それはまた別の項目でお話します。
 
 
液晶テレビとプラズマテレビの違い
 
液晶テレビプラズマテレビでは映像の元となる『の発しかたが違います。
 
プラズマテレビの仕組みはわりと簡単で、小さな電球が画面上にびっしり並んでいると考えてください。
ひとつひとつの電球がコントロールされて色々な光を発し映像として映し出されます。
 
 
 
液晶テレビは少し複雑な仕組みでできています。
プラズマテレビと違い、テレビの後面に常に光っているバックライトがあり、『液晶という特殊な物質が入ったパネルを通して光の制御を行います。
 
液晶』の仕組みでよく例えられるのが『ブラインドカーテンです。
ブラインドをのつまみをひねると光を部屋に入れたり遮断したりできますよね。
 
それと同じように、液晶パネルを通してバックライトの光を出したり遮断したりして映像を映し出します。
 
かなり簡単に説明しましたが、液晶の仕組みをもっと詳しく知りたい方はこちらに詳しく載ってます。
(私には結構難しかったですが勉強になりました)
 
 
有機ELテレビとは
 
液晶テレビとプラズマテレビの他に今少しずつ研究が進められているテレビがあります。
それが有機ELテレビです。
 
有機ELテレビはプラズマテレビと同じようにテレビにびっしりと並んだ粒のひとつひとつが光を発していると考えてください。
 
しかしプラズマテレビとは違い有機物が原料となり、有機物に電気を流すことによって発光します。
 
今現在有機ELテレビの最大のメリットは薄さです。
なんと液晶テレビの1/10と言われています。
 
しかし、今はまだ発展途上にあるようで、既に販売はされているもののまだまだ値段的には一般的とはいえません。
 
しかし、研究が進むにつれコストや消費電力、価格等で液晶テレビを上回り、有機ELテレビが次世代のテレビとして大幅にシェアを伸ばすと思われます。
 
 
 
 
HD(ハイビジョン)とフルHD(フルハイビジョン)
 
テレビでよく耳にするハイビジョンとかフルハイビジョン。
 
このハイビジョンという言葉はNHKが作った言葉で世界的には『HDTV(HighDefinition TV)』
といいます。
 
メーカーや電気屋によってHDと表記したりハイビジョンと表記したりバラバラですが同じものと考えて大丈夫です。
 
日本ではハイビジョン・フルハイビジョンという呼び方のほうが浸透しているかもしれませんね。
しかし、言葉が長いのでここからの説明はHDとフルHDに統一します。
 
 
さてHDとフルHDの違いはなにかというと、実は正確にいうと同じなんです。
 
HDとは画素数1920×1080まで(およそ200万画素)のことをいいます。
 
ということはフルHDもHDに含まれているということになります。
なぜ名前に違いがあるのかは少し小難しい話になるので簡単に覚えたい方は・・・
 
 
HDテレビ 
1366×768か1280×720 約90万画素
 
フルHDテレビ 
1920×1080      約200万画素
 
 
と覚えてください。
 
(ちなみに4Kテレビも最近ではよく耳にしますが説明は後ほど)
 
 
さてここからすこーーしだけ面倒くさい話になります。
 
これからテレビを購入される方に注意してもらいたいのは、フルHDテレビのメリットはあくまで放送する側やフルHD映像を提供できる機器次第ということです。
 
フルHD対応テレビだからといってテレビがすごく綺麗に映ると思っている方が実は多いんす
 
どういうことかというと、映像を作る側が1920×1080という画素数の映像を作って放送しないと、フルHDテレビの性能を発揮できないのです。
 
なので
 
フルHD対応テレビはフルHD映像を1番綺麗に映し出すことができますよってことなんです。
 
 
もちろんHDテレビでもフルHD映像を見ることができますが、HDテレビの画素数に合わせて映し出されますので映像は少し悪くなります。
 
 
ちなみに今現在フルHDを提供しているのは一部のコンテンツだけです。
 
BSデジタル放送やブルーレイ、一部の動画配信サービス(Huluなど)数は少ないです。
 
私達が普段視ている地デジの画素数は1440×1080となっておりフルHD放送ではありません。
 
4K
さて、なにかと話題の4Kテレビですが、最近では価格も低くなり購入しやすくなってますね。
 
具体的に4Kテレビとはなにかというと、
4Kの『k』とは1000という意味です。
 
4Kテレビの画素数は横3840×縦2160
 
 
829万4400画素もあります。
 
横の画素数が約4000なので4Kテレビと言います
 
フルHDの4倍ですね。
 
これほど画素数が増えると映像の滑らかさや臨場感が段違いになります。
 
 
4Kテレビの機能
 
2018年10月現在では4K放送を行っているところはまだわずかです。
 
もしかして今4Kテレビを買ってもムダ!?
 
と思う方もいるかもしれません。
 
しかし安心してください。
 
今現在販売されている4Kテレビの多くには『アップコンバートという機能が内蔵され、地デジやDVD、フルHDの映像も4Kの映像に近づける技術があります。
 
この『アップコンバートの性能が今の4Kテレビを購入する際の指標と言ってもいいでしょう。
 
2020年の東京オリンピックに向け4K放送がだんだんと浸透していくと思いますが、まだまだ4K放送は一部でしか放送されませんので、アップコンバートでどれだけ4K放送本来の映像の美しさになるかが重要ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする