ダイエットサプリは何を飲めばいいの?種類が多くてわからない方に効果を解説!

ダイエットに効果があるサプリは様々な種類がありますが、人によって使うべきサプリが違うことを学んでおかないときちんとしたダイエット効果が発揮されません。

今商品化されているダイエットサプリは大きくわけて3つのタイプがあります。

・脂肪燃焼サプリ

・糖質・脂質カットサプリ

・腸内環境改善サプリ

それぞれがどのようにしてダイエット効果を与えてくれるのかを理解し自分にあったサプリを選びましょう。

脂肪燃焼系サプリ

脂肪燃焼サプリは脂肪の燃焼を促す物質が含まれています。
しかしこの脂肪燃焼系のサプリが1番選びづらいサプリになるはずです。

というのも、脂肪を燃焼する過程は「分解」「運搬」「燃焼」と3つの過程があります。

この3つを順序よくこなしていくことで脂肪が燃焼されていくわけですが、例えば脂肪燃焼サプリで多く見られる「Lカルニチン」という物質は分解された脂肪を脂肪を燃やしてくれるミトコンドリアまで運びます。

しかし、脂肪の「分解」が起きなければいくら「Lカルニチン」が入ったサプリを飲んでも意味はないわけです。

脂肪の分解を引き起こすにはノルアドレナリン、アドレナリンが分泌されているときです。

どういった時かというと、空腹を感じているとき、運動をしているとき、カフェインなどを摂取したときにノルアドレナリン、アドレナリンが分泌されます。

すると「リパーゼ」という脂肪を分解する酵素が活性化し脂肪分解が始まります。

それゆえに空腹を我慢できる人や運動をする人には脂肪燃焼系のサプリは向いているといえます。

またLカルニチン以外の主要成分が入っている脂肪燃焼サプリもありますが、どれも脂肪燃焼までのプロセスを補助してくれる物質です。

基本的には自分自身での運動や食事制限をしないと効果はほぼ無いと思っていたほうがいいですね。

糖質・脂質カットサプリ

私達が太ってしまう原因は糖質や脂質の摂り過ぎにあります。

人間の脳は甘いものや脂っこいもの、高カロリーなものに中毒性を感じてしまいなかなかやめられないものです。

糖質・脂質カットサプリはどういったものかというと、通常であれば糖分や炭水化物や脂質を摂取すると腸内で分解され栄養として体内に運び込まれます。

エネルギーとして使われなければそれが脂肪になってしまうわけですが、糖質・脂質カットのサプリは腸内での糖質・脂質の吸収を邪魔(阻害)する働きがあります。

そもそもの脂肪自体を作らないようにしようという魔法のサプリです。

しかし栄養の吸収という人間の正常な機能を邪魔するなんて副作用はないのか気になるところです。

糖質・脂質カットサプリで有名どころであるファンケルの「カロリミット」の公式情報では副作用は特にないということです。

といっても天然の食物、人間が食べても問題ない食品でつくられているので通常では副作用はないですが個人の体質次第では何かしらの作用が出てくるかもしれません。

要は「牛乳を飲むと下痢をする人も居ますよ」ってことです。

糖質・脂質カットサプリで1番気になるところはどれくらいカットしてくれるのかというところですが、製品にはきちんとした記載はありません。

サプリによって効果は違いますし、食べる食品によっても差は出てきます。

高くても3割程度なので、平均的には2割程度のカットだと思っていればいいと思います。

痩せたいけども色んな物を食べたい。運動は苦手だからしたくないという人は糖質・脂質カットサプリがおすすめです。

腸内環境改善サプリ

ダイエットでは腸内環境も重要視されます。

腸内環境が悪いと悪玉菌が増加し代謝に影響します。

代謝が悪くなると消費するエネルギーも減るので痩せにくい体になってしまうということです。

ダイエットをする人は腸内の環境が悪くなりがちです。

食べないことにより便や老廃物残りやすくなるからです。

腸内に便や死んだ細胞や細菌などの老廃物が長く留まっていると悪玉菌が増殖します。

ちなみに悪玉菌と呼ばれていますが悪玉菌にもタンパク質の分解などのきちんとした役割があります。

増えすぎるとダメですよってことです。

サプリを摂ることによって腸内細菌のバランスを良くし便秘を改善することで体全体の代謝良くすることがダイエットには重要です。

便秘をしやすい人、食事制限をしているはサプリによる腸内環境の改善をすることでダイエットの効果をアップさせてくれます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする