【ダイエット】血糖値とダイエットの関係とは?血糖値を下げると太りにくい体になる

血糖値って聞くと健康に関係してくるキーワードのイメージがありますよね?

でもダイエットの知識がある方、ダイエットに励んでいる方ははこの血糖値をワードを意識して日々のダイエットに取り組んでいます。

血糖値がダイエットにどう影響しているのか説明していきましょう

血糖値とは一体何かっていうと、我々が糖質を摂取したときに上がっていく数値です。

糖質とは炭水化物や糖類などです。
(ご飯や麺類、パン、砂糖)

血糖値が上がると膵臓すいぞうからインスリンという物質が作られます。

インスリンって言葉、聞いたことがありますよね。

糖尿病患者が使っている薬です

このインスリンという物質はは血糖値を下げてくれる効果があります。

しかし、インスリンは血糖値が急激に上昇すると、糖分を脂肪に変えてしまうという性質があります。

脂物を食べてないのに脂肪がついてしまう理由はここにあるんですね

血糖値とダイエットの関係がわかったところで、じゃあ血糖値をどうやって下げるかということなんですが

先程話した通り、血糖値が急激に上がるとインスリンが糖分を脂肪に変えてしまいます。

なので、血糖値を急激に上げないようにするのが大事なんです。

糖分の取り過ぎに注意

血糖値を急激に上げてしまうものといえば「砂糖」です。

甘いものの食べすぎや、ジュースや砂糖入りのコーヒーなど砂糖が沢山使われているものを一気に食べたり飲んだりすると血糖値の急激な上昇に繋がります。

食事を短時間で一気に食べないこと

ご飯やパン、麺類などの炭水化物は知っての通り体内で糖分に変化します。

沢山の炭水化物を一度に一気にとると血糖値の急激な上昇に繫がります。

「1日3食しっかり食べる」というのは健康に良さそうな言葉ですが、食べた栄養を成長に使えるある程度の年齢までです。

成長が止まった成人は食べた分をそのまま体内に溜め込んでしまいます。

1日の食事量をそのままに、回数を増やして食べることで血糖値の上昇を抑えることが大事です

食後に運動をする

血糖値を下げる為には運動が効果的です。

しかし、食後にジョギングなどの運動を必ず行えるような人はそうそういません。

軽いストレッチや体操程度でも構いません。

仕事のお昼休みでもできる程度の運動でもやるとやらないでは違ってきます。

①糖分を取りすぎない

②食事を小分けにする
③食後に運動をする

以上の3つで血糖値の急激な上昇を避け、ダイエットに繋がります。

また、生活習慣病等の予防、肥満の予防にもなり日々の健康にも役立ちます。

しかし、これらを毎日の習慣とするには環境や都合によってはなかなかできなかったり、途中で面倒くさくなり挫折してしまう方も沢山います。

そんな方には食後の血糖値の上昇を抑えるサプリがあるので使用しない手はないと思います。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする