【ダイエット】脂肪を落とす薬「ナイシトール」の効果がすごい!運動しなくても痩せられる薬!口コミ高評価多数!

「ナイシトール」といえば小林製薬で販売されている脂肪を落としてくれる薬」として有名な薬ですね。

体重を落としたい!

肥満を改善したい!

という方なら耳にしたことがある薬だと思います。

ただ、今の世の中沢山のダイエットサプリが販売され、中にはほとんど効き目がないのに誇大広告で販売しているダイエットサプリも沢山あります。

そんな中「ナイシトール」は効き目はすごくその売れ行きはも絶好調です。

今回はナイシトールがどれほどの効果があるのか、なぜダイエッター達に人気なのかを見ていきたいと思います。

ナイシトールの効果

脂肪の「分解」と「燃焼」

ナイシトールのキャッチフレーズとも言われる

脂肪の分解と燃焼」

様々なダイエットサプリでも謳い文句となっている言葉ですが具体的にはどういったメカニズムで脂肪を落してくれるんでしょうか。

まず脂肪を落とすには「分解」と「運搬」と「燃焼」という3つの工程があります。

まず、脳が体にエネルギーを補充しなければならないと感じるとリパーゼ」という酵素を出すように命じます。

「リパーゼ」は脂肪を「脂肪酸」と「グリセロール」という2つに分解します。

そのうちの「脂肪酸」を今度はLカルニチンという物質が血液を通って筋肉に運びます。

そして筋肉の中に存在するミトコンドリアが脂肪酸をエネルギーとして燃焼させます。

この脂肪燃焼の工程は基本的に人間が活動している限り行われています

呼吸をする為、心臓などの臓器をを動かす為など、人は何もしなくても体を維持する為に常にエネルギーを消費しています。

これを御存じの通り「基礎代謝」といいます。

ナイシトールは「基礎代謝」を高めると共に「脂質の利用率」を上げる効果があります。

体の代謝を積極的に促すことにより脂肪の分解、燃焼を積極的に行います。

人間が丸1日全く体を動かすことなく体を維持する為に必要なエネルギーは平均すると成人で男性が1500カロリー、女性で1200カロリー程度必要です。(もちろん個人差があります)

この消費カロリーが「基礎代謝」になるわけですが、ナイシトールを使用することで体の代謝を活性化し消費カロリーを上げてくれるわけです。

「脂質の利用率」を上げるとはどういうことかと言うと、人間の中にあるエネルギーは「糖」、「脂質」、「タンパク質」の3種類があり、通常時は「糖」をエネルギーとして使用する割合が大きいのです。

ナイシトールは脂質によるエネルギー消費の割合を高め脂肪を落とすことを優先してくれるという優れた効果があります。

余分な脂を排出する

ナイシトールは食事によって得た余分な脂を吸収させずに便と一緒に排出させる効果があります。

脂肪の素となる脂を吸収させないようにして脂肪の増加を防ぎます

マウスによる実験では、ナイシトールに含まれる成分を投与したマウスの便を調べると投与しなかったマウスに比べ、便に含まれる脂質が5割近く増加しているとのこと。

これはエサに含まれる脂質が体内に吸収されず排出できていることを意味します。

もちろん人間にもしっかりと効果がありますので脂っこいものを食べても脂肪として吸収される量が格段に減ります。

防風通聖散

ナイシトールの効果は「脂肪の分解と燃焼」、「脂肪の吸収を抑える」というのが主な効果ですが他にも様々な効果があります。

ナイシトールには防風通聖散という18種類の成分からなる漢方薬が配合されています。

肥満

皮下脂肪
肩こり
のぼせ
むくみ
便秘
蓄膿症(副鼻腔炎)
湿疹
皮膚炎
ふきでもの(にきび)
肥満症

に効果あり

防風通聖散を配合するナイシトールは自然由来の肥満薬ですので体にとって大きな負荷をかけることなく自然な作用で無理なく痩せることを実感できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする