【ダイエット】「糖質制限ダイエットは体に悪い」はウソ!運動しなくても痩せられる確実なダイエットです。

糖質制限ダイエットは最近ではあまり効果が無いとか体に悪いというような噂が流れ、敬遠してしまう人もいるダイエット方法ですが、そんなことはありません。

糖質制限は誰にでも効果があり、確実に痩せられる方法の1つです。

そもそもなぜ糖質制限ダイエットが体に悪いという噂があるのでしょうか?

それは糖質を制限することにより体に様々な異常をきたしてしまう恐れがあるという情報がネットなどで流れているからです。

確かに糖質は脳や体を動かす為に必要な栄養ですが、脳が働かなくなったり体に支障をきたす程のダイエットはすでに糖質の他の体中のエネルギーをも使い果たしてしまっている状態で、そこまでいくとただの自殺行為です。

それはダイエットの範疇を超えたものであり、飢えで苦しむ飢餓の状態ですのでダイエットと同じ土俵で考える必要はありません。

痩せたい、体重を元に戻したいという程度のダイエットには糖質制限は非常に効果的です。

太る原因が糖質の過剰摂取ということは科学的にも解明されていることで、糖質を取ると脂肪として体に残ります。

糖分をたくさん食べ過ぎると体のエネルギーに必要な分以外は予備燃料の脂肪に変換されてしまうんです。

糖分を食べ過ぎると太る原因はこれです。

 これは化学的な反応なので個人差は多少ありますが人間として当然起こる現象です。

人間は体を動かす為のエネルギーを糖分、脂肪、筋肉で消費します。

しかし、普段は糖分と脂肪をエネルギーとして消費しますが、「もう使うエネルギーがないよー」となると最後は筋肉をエネルギーに変えます。

なので緊急事態以外は糖分と脂肪がエネルギー消費の主役です。

ということは糖分を取らなければ脂肪をエネルギーとする割合が増えて脂肪の燃焼が進むから痩せやすくなるじゃん!」

というのが糖質制限ダイエットの基本的な考えです。

まずは炭水化物を制限してみよう

御存じの通り炭水化物を食べると体内で糖質として取り込まれます

日本人の基本的な食事はまずは炭水化物ありきの食事です。

米やパンや麺類が主役ですよね。

米を食べる為におかずがあり、パンを食べる為にバターやマーガリンがあり、麺を食べる為にスープがある。

炭水化物を食べるためにおかずがある状態ですね。

その為おかずやスープの味が濃くなり塩分や脂肪の割合が多くなり生活習慣病への道が開けてくるわけです。

炭水化物を制限すると味の変化も現れます。

例えばご飯がないと今まで普通に感じていたおかずの味も以前よりしょっぱい、甘い、脂っこいなどと感じてきます。

その為炭水化物の制限で塩分や脂、糖分が自然に減ってきます。

食糧が乏しくなかなかエネルギー源が得られない時代と違って今は炭水化物(糖質)が苦労なく手に入る時代なのに、今だに親の教えは「ご飯をたくさん食べなさい」と言うわけです。

幼少時からの教えは成人になってもなかなか治らず、食べ物豊富な現代でも炭水化物中心の食事が当たり前という風潮があります。

まずは炭水化物を制限し1日の糖分の摂取量を減らしてみましょう

元々炭水化物を食べる量が多かった方はすぐにでも効果が現れてきます。

逆に炭水化物をあまりとっていないけども太り気味だという方は炭水化物以外で砂糖入りのお菓子やジュースなどをたくさん摂ってませんか?

お菓子やジュースは信じられないくらい大量の砂糖が入っています

炭水化物とは比べ物にならない程の砂糖なので体を動かさなければ大量に脂肪に変換され太ってしまいます。

糖質を制限してもなかなか痩せない人は?

 「糖質制限をしたけどなかなか痩せなかった」って人もいるかと思いますが、これは糖質制限をきちんとできていなかったことが考えられます。

 何気なく選んでいる食材でも何かしらの糖質を
が含まれている可能性があります。

例えば日本の果物はとにかく糖度を高くしようと品種改良を積み重ねてるのでかなりの量の糖分が含まれています。

お菓子じゃなくて果物だから大丈夫!という自然食品なら問題ないと考えている方も結構います。

 糖質を多く含む食品、糖質が少ない食品を知っていればダイエットは成功します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする