【美容】美肌になる食材ってなに?皮膚科医が勧める内側から綺麗になる食材

美肌になるためにはもちろんスキンケアが大事ですが私達の肌は食事よる栄養から体ができています。

美肌になる食材を摂ることで内側から綺麗にすることは美容の近道です。

美肌効果が高い食材とは⁉

今回は一般家庭にある食材でできれば毎日摂ってほしい美肌効果がある食材を紹介。

トマト

トマトはリコピンという物質が入っています。

リコピンとはコラーゲンの分解を抑えてくれる物質で日焼けなどの肌へのダメージを回復してくれます。

できればトマトジュースではなく生のトマトが理想です。

皮付きのものだと食物繊維が入っていますし、市販のトマトジュースは加熱されていることがあるのでトマトの中の美肌に効果のあるビタミンを少しでも損なわずに摂るにはまるごと食べるのが1番です。

ブロッコリー

ブロッコリーといえば筋トレしてる人が食べているイメージがあります。

ブロッコリーのタンパク質は野菜の中でもトップクラスです。

なんと100g中に4.3gのタンパク質が入っています。

肌自体もタンパク質でできているのでタンパク質を摂ることは古い肌から新しい肌になる為の土台と言ってもいいでしょう。

またビタミンK、食物繊維、鉄分が入っているのも特徴です。

美肌になる為には摂っておきたい食材です。

ケール

ケールといえば青汁で有名な葉っぱですね。
しかしケールはジュースではなく葉っぱまるごと食べていただきたい食材です。

ケールの特徴は食物繊維が多いこと。しかしジュースにすることによって食物繊維がなくなってしまいます。

ミキサーにかけたドロドロのジュースであれば食物繊維はそのまま残っていますが、絞りタイプのジュースでは食物繊維がほぼ無くなってしまいます。

ケールは他に赤血球を作る際の補酵素である葉酸も含まれています

他には鉄分、カリウムも含まれており女性の生理の時に失われる成分を補ってくれます。

鮭(サーモン)にはアスタキサンチンという物質が豊富に含まれています。

アスタキサンチンは抗酸化作用が強く、紫外線によるシミなどを防いでくれます。

抗炎症作用もあり、紫外線が肌にあたった時に皮膚のダメージを抑えてくれる役目もあります。

ブルーベリー

ブルーベリーはビタミン、ミネラル、食物繊維がしっかりと入っています。

そしてブルーベリーの最大の特徴はなんと言ってもポリフェノールです。

ポリフェノールは肌のくすみを改善し、弾力を保持してくれます。

またクロロゲン酸という物質も入っており血流アップの効果があります。

ブルーベリーの肌への効果は冷凍したほうが高まると言われています。。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする