架空請求業者に喧嘩を売る弁護士!YouTuber久保田康介弁護士が面白い!

みなさんご存知だと思いますが、架空請求業者とはありもしない料金を請求してくる業者のことですね。
 
 
よくあるのがEメールなどで、サイト利用の未払金があるのでお支払いください」っていう主旨のメールがきます。
 
 
身に覚えのない料金の請求なのでもちろん支払う必要はないのですが、これに引っかかって支払ってしまう人が多いのも事実。
 
 
なぜ身に覚えのない料金を支払ってしまうのか?
 
 
インターネットをしていると様々なサイトのページを見ますね。
 
 
それが毎日毎日積み重なり、それこそ自分の記憶にないようなページもあります。
 
 
架空請求業者はそこを突いてきます。
 
 
もしかしたら記憶にないだけでまちがえて何か登録してしまったのか」と。
 
 
特に男性はこのような思い当たる節がある人が多いんじゃないでしょうか?
 
 
つまり、アダルトサイトですね。
 
 
男性の性欲はすごいもので、目的の画像や動画を見つけるまでにものすごい数のページを日々巡回しています。
 
 
そこに架空請求のメールが届くと、さぁ大変。
 
自分が閲覧したサイトが有料で、もしかしたら間違えて会員登録したかも・・・という疑念が湧いてきます。
 
 
そして自分に非があるかもしれないと思いついつい支払ってしまんうですね。
 
 
そんなインターネット利用者の不安を煽り、架空請求という方法で違法に金儲けをしている業者に電話を掛けまくるYouTuber弁護士が存在します。
 
 
久保田康介弁護士です。
 

 
 
弁護士の知識を活用し架空請求業者を論破しまくる様は観ていてとても勉強になる。
 
 
架空請求業者はメールで法律用語を使用し、あたかも正当な料金請求かのように思わせることで不安を煽ってきます。
 
 
例えばこのような文章
先日、○○○から商品を通販販売にてお買い求めいただいた際の入金が未だ確認されて
おりません。貴殿から、発注されたにもかかわらず連絡が無いため、平成○○年○月○日を
もって私ども○○法律事務所が代理人として担当させていただくことになりました。今後は
当事者間での解決が見込めない為、民事訴訟の手続きを執らさせていただきます。
なお、以下の裁判執行予定日までに連絡無き場合、指定簡易裁判所から口頭弁論通知書
の送付後に出廷となり、当方の主張が前面的に受理され訴訟を開始させていただきます。
その後、債務者の給料差し押さえ及び、動産物、不動産物等の財産の差し押さえを執行官
立ち会いのもと強制執行させていただくことになりますのでご了承ください。
以上を持ちまして提訴通告とさせていただきます。

なお、提訴内容などの詳しい内容のお問い合わせは○○法律事務所までご連絡ください。

 
 
法律の知識などない人にとっては正式な手順を踏んで合法的に給料の差し押さえなどされてしまうと思っても不思議ではない。
 
 
しかし弁護士YouTuber久保田氏にすればこんな文章はなんの強制力もなく、それどころかあまりにもツッコミどころが多く、全く意味のわからない文章だと言う。
 
 
そういったツッコミどころ満載の架空請求を逆手に久保田弁護士は理詰めで論破していくものの、その煽りっぷりが面白い。
 
 
2ちゃんねる創始者ひろゆきに次ぐ煽り顔だ。
 
 
久保田弁護士の動画の良いところは悪徳業者を理詰めで責めたてスカっとするところもあるが、視聴者にわかりやすく法律を解説してくれるところにもある。
 
 
動画を視聴するだけで大変勉強になるのだ。
 
 
また、架空請求の業者との対決の他にもぼったくりバーに潜入し、多額の料金請求を断り上の人を呼ばれて事務所に連れて行かれたり
 

 
 
架空請求業者を煽り過ぎて事務所を襲撃されたりとなかなか過激な場面に遭遇することもあるので動画としても楽しめる。
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする