" /> 旦那が浮気を認めない!もう疲れた、、、 | 暮らしの疑問
イチロク

旦那が浮気を認めない!もう疲れた、、、

浮気・不倫

旦那が浮気をなかなか認めてくれない。

精神も肉体も疲れ果ててきますよね。

浮気の証拠を掴んで旦那に話し合いを求めても応じてくれなかったりはぐらかされたり。
逆ギレされて終いにはお前が悪いと言われたり。

なぜ自分が浮気されているのにこんな辛い思いをしなきゃいけないのか。
浮気を認めない旦那にどうやって認めさせるか。

方法はあります。

それなりに証拠はあるがなぜ認めてくれないのか?
まずは浮気を認めない理由を探ってみましょう。

旦那が浮気を認めない理由

自分が悪者になりたくない

周りから悪く思われたくない。
これは人の性格的な問題で自分のミスや失敗がバレた時にとにかくごまかす癖のようなものです。
浮気がバレて離婚などになれば、親や兄弟、自分の友達や、会社、嫁の家族友達など広範囲にバレてしまいます。
今まで自分が作ってきたクリーンなイメージを崩したくない為とにかく認めたがりません。

具体的な理由がないだけにかなりやっかいです。

妻が好きで離婚したくない

浮気はしたものの離婚はしたくない。

遊びや性のはけ口として浮気をしたが愛しているのは妻。

長年連れ添っていくうちに愛情は深まっているが、恋をしたときのようなときめきや新鮮さがなくなってしまう為ついつい他の女性に手を出してしまった。

嫁にバレてしまったが絶対に離婚はしたくない。

実際そういう人は多いですね。

また、自分が浮気を認めてしまうことでさらに妻を傷つけてしまうと考えてしまうこともあります。
こういう場合だと再構築はできそうなものですが妻の気持ち次第ですね。

子供と離れたくない

離婚をしてしまうと大抵は女性に子供の親権があります。

夫の浮気が原因での離婚となると尚更です。

子供の為と思い離婚をしないのもありですが、自分の感情を押し殺しながら生活し、親がギスギスした関係の中で育つ子供もまた不幸です。

慰謝料を払いたくない

不倫での慰謝料の相場は数十万〜三百万程度とピンキリです。

妻の精神的ダメージ次第では慰謝料も高くなります。

離婚するにせよそのような大金は払いたくないという場合は浮気を否認するしかありません。

浮気を認めてしまえば最終的にはは慰謝料を払わざるを得なくなります。

さらに浮気相手にが結婚していた場合はその旦那からの慰謝料請求もあるわけです。

離婚しても一気に数百万の借金を背負うことになるならばなかなか認めようとはしないでしょう。

浮気相手を守る為

浮気を認めてしまえば浮気相手にも慰謝料を請求され、浮気相手が結婚してる場合には家族にもバラさせる可能性がある為認めたくない。

そういったケースも多々あります。

調停や裁判などに発展すれば浮気は公になり浮気相手の女性は周りにも避難されることになります。

まぁそれは仕方ないことなんですが、そうなると旦那は妻ではなく浮気相手の女性を被害者扱いしてしまい、妙な正義感が芽生えて浮気を認めようとしません。

不貞行為の決定的な証拠がない

不貞行為とは「肉体関係」のことです。

裁判で相手の不貞行為で慰謝料を請求するとなると不貞行為をしている証拠が無くてはなりません。

不貞行為の証拠

・ホテルに二人で出入りする写真や動画。

・性行為をしている写真や動画。
・性行為を行っていると充分にわかるメールなど。
・性行為を行っていると充分にわかる通話の録音。
・本人の自白の録音。

など肉体関係があるとわかる決定的な証拠が必要になってきます。
その為、

・二人でいるところを見た
・手を繋いでいるところを見た
・キスしているところを見た
・服を着て抱き合ってるところ見た
・毎日電話している
・毎日メールしている

などは肉体関係がある証拠とは言えない為、浮気を理由に離婚、慰謝料を請求というのは難しいのです。

そのことを旦那が知っていれば不貞行為の証拠がない限りは認めないといったこともあります。

本気じゃないと思われている

離婚というとのは少しでもこじれると面倒くさく、体力、精神力共に消耗します。

旦那はできるなら今の関係を維持したいと思っているかもしれません。

なので、あしらったりはぐらかしていればそのうちあきらめるだろうと思っているかもしれません。
要は下に見られている可能性があります。

ナメられてるんですね。

一発かましてやりたいですよね。

自分の気持ちは?どうしたい?

まず自分が浮気を認めさせた後にどうしたいか?が重要です。

自分がどうしたいかによって認めさせる方法も違ってきます。

自分の気持ちは?

・謝ってほしいだけ

・浮気相手と別れてほしいだけ
・離婚したい
・離婚して旦那から慰謝料を取りたい
・離婚して旦那と浮気相手から慰謝料を取りたい
・離婚はせず相手から慰謝料を取りたい

大まかに分けるとこんなところでしょう。

旦那が好きでとにかく離婚したくない、とにかく相手相手と別れてほしい。

金銭的な面や子供の為にも別れたくないということもあるでしょう

素直に認めて謝罪してくれればそれでいい。

反対に、浮気を認めさせて離婚したい。
旦那や浮気相手から慰謝料を取りたい。

という人もいるでしょう。

・謝罪して二度と会わないようにしてほしい
・離婚して旦那と相手から慰謝料を取る
・離婚はしないけど相手から慰謝料がほしい

この3つの気持ちを元に、それぞれどうやって浮気を認めさせることができるかアドバイスをします。

謝罪させて相手と別れさせるには

まずは旦那の本気度を確認

旦那がどれくらい浮気相手に入れ込んでいるかを探らなければなりません。

もし旦那が離婚して相手と一緒になりたいと思っているくらい入れ込んでいるのなら正直言って明るい未来はありませんから。

ではどうやって本気度を確認するか?

この記事を読んでる方はおそらく以前旦那に浮気を認めさせようとして失敗してる方だと思います。

旦那も警戒してスマホはロックをかけていたりメールなどの履歴を消したり、肌身離さず持ち歩いたりとスマホからの情報は得られないでしょう

他の方法で確認しなければなりません。

旦那の本気度を確認する方法

・スキンシップや性行為を求めてみる

・離婚届けを記入させてみる
・家を出ていってみる

スキンシップや性行為求めてみる
旦那に対してスキンシップや性行為を求めてみて様子を伺ってみるのも手です。

旦那が素直に応じてくれて気持ちが入っているようならまだ救いはあります。

逆に完全に拒否されたり気持ち悪がられたりするようなら、もう自分には興味がないと思い諦めるのが自分の為です。

ただ、その時の体調や気分にもよるので一度だけで判断することなく何度か試してみましょう。

離婚届けに記入させてみる
中途半端に離婚を匂わせるより、現実的に後がないと思わせる為離婚届を記入させてみましょう。

もし浮気が遊び程度のものなら記入しない、若しくは記入して少ししてからなかったことにしてほしいと言ってくるはずです。

一週間程度様子をみて何もアクションがなければ本気だと思って諦めましょう。

家を出て行く
可能であれば家を出ていきましょう。

実家が近ければ実家へ帰るのもよし、仲のいい友達の家に少し置いてもらうのもよし。ホテルに泊まるのもよし。
子供がいると実家以外は大変だと思いますが、しばらく旦那から離れてみるのが一番です。

離れてこそお互いの大事さというのが身に沁みてわかります。

逆にあなた自身が旦那から離れて、一人で考えてみたときになぜ旦那に固執していたんだろうと思い直すこともできるかもわかりません。

一週間〜二週間程様子をみて旦那から戻って来てくれと連絡がなければ離婚を決意しましょう。

浮気を認めさせて謝罪させるには

さて、本題の浮気を認めさせるにはどうしたらいいか?

旦那の浮気が本気ではないと判断できたら、次は謝罪してもらい相手に二度と会わないことを約束させなければなりません。

まずは自分の気持ちを正直に全て話しましょう。

自分の気持ちを話す

・認めてくれれば離婚はしない。

・浮気相手を問い詰めることはしない
・浮気相手に慰謝料を請求しない
・謝ってくれればそれでいい

浮気を認めたくない理由を取り去ってあげれば安堵し認めてくれることでしょう。

そして忘れてはならないのが二度と浮気をしないように誓わせることです。

一度浮気を許してしまえば二度目三度目も行われる確率は非常に高いです。

その場しのぎの口約束では破られることが目に見えています。

その為にはきちんと、次に浮気が発覚した場合には慰謝料をいくら取り離婚をするといった内容の誓約書や公正証書などの書面に残すことが大事です。

旦那にプレッシャーを与えることができます。

離婚して旦那と浮気相手から慰謝料を取りたい

これは着地点がはっきりしているので一番わかりやすいやり方だと思います。

今後夫婦を続けていくつもりが無いということであれば、浮気を認めさせるにはどんな手段を使ってでも不貞行為(肉体関係)がある証拠を掴み強引に認めさせることが大事です。

すでに不貞行為の証拠を持っているとすれば、まずはその証拠が実際に裁判になった時に使える証拠なのかを確かめる為に弁護士に相談しましょう。

素人目では証拠として使えると思ってもプロからみると微妙なラインだったりすることもあります。

きちんとした証拠が揃っているならいよいよ旦那との話し合いですが、二人ではなく必ず第三者を交えて話しをしましょう。

自分の両親や旦那の両親。できればきちんと公平に判断できて常識のある人がいいです。

もしどちらかに偏った味方をするようなら話しがこじれるのできちんとした人にお願いしましょう。
難しそうなら弁護士に依頼してしまうのが手っ取り早いです。

誓約書や公正証書などの書類なども諸々引き受けてくれるので安心感もあり、相手にプレッシャーを与えることもできます。

また、離婚の協議の最中は旦那や浮気相手に会いたくないという場合は弁護士だけで対応してくれるのでありがたいですよ。

不貞行為の証拠がない場合

証拠がない場合、自分で証拠を抑えるにはかなり難しいものがあります。

自分で不貞行為の証拠を集められる?

ホテルに出入りしている写真を撮れるか?

不貞行為があると思われるメールや通話の記録を撮れるか?
性行為中の写真や動画を撮れるか?
相手の連絡先や住所を探れるか?

素人が個人で証拠を手に入れるにはかなり難しく、運良くスマホを見たら画像があったり、浮気相手の連絡先があったりすることはありますが、旦那が警戒しているならなかなか手に入れられません。

一か八かで自白をさせようと試みても認めずにさらに警戒されることもあります。

確実な証拠で確実に慰謝料を取りたいなら探偵を雇うことをおすすめします。

離婚して双方に慰謝料請求というのは一番後腐れがなく、旦那、浮気相手、自分にもケジメがつけられるので個人的には一番いい方法だと思います。

浮気を許して再構築したとしても一生引きずることになりかねないのできちんとケジメはつけ、慰謝料を払い終わった後にまだお互いに気持があれば再婚するといった形が一番綺麗に納まりそうです。

離婚はしないけど相手から慰謝料を取りたい

この方法は双方に再構築したいと強く思っていないと上手くはいきません。

浮気相手から慰謝料を取るわけですから、旦那が浮気相手に対しての気持がホントに遊び程度の気持ちじゃなければ旦那との確執ができたままこの先の結婚生活を送ることになります。

あまりおすすめできる解決策ではありません。

もし、それでも離婚はしたくないけど相手から慰謝料を取りたいと言うならばある程度の覚悟を決めなければなりません。

旦那から相手の情報を聞く

もし旦那も再構築し元の生活に戻りたいと言うならば旦那から浮気相手の情報を聞き出すことができます。

しかし旦那が浮気相手に対し迷惑をかけたくないという場合はなかなか情報を渡さないでしょう。
そうなると旦那から浮気相手に連絡が入り、証拠の隠滅や浮気相手との連絡を断つことで証拠が手に入りづらくなります。

その為、旦那から浮気相手の情報引き出すには完全に旦那がこちらの味方とわかるまでは浮気が発覚しても泳がせておくのが得策です。

ある程度相手の情報がわかれば旦那にカマをかけて観念させることもできます。

相手の情報

・相手の名前

・相手の住所
・相手の職業
・普段どこで会っているか

これくらいわかれば旦那は逃げられないと悟り浮気相手の情報を出してくれるかもしれませんが、旦那の性格的なものによりますので成功するかは微妙なところです

相手の情報が全くわからない場合はやはり探偵を使うべきですね。

まとめ

旦那が浮気を認めない理由は様々ありますが、重要なのは決定的な証拠とあなたの本気度です。

あなたがどれくらい本気かを見せることによって、証拠としては弱い物でも認めてしまうこともあります。

あなたの普段の性格などから、旦那からはぐらかされたり逆ギレされたりすることもあるでしょう
そんな時は他の人を味方につけることも大事です。

自分の両親や兄弟、旦那の両親などできれば身内がいいでしょう。

旦那が逆らえない立場の人を利用することで意外とあっさり自供してしまうこともあります。
その為には普段の旦那の態度や性格を熟知する必要があります。

しかし、どうしても決定的な証拠が出てこない、旦那を言いくるめられる人がいないとなれば、探偵、弁護士に依頼することをおすすめします。

いつまでも旦那に振り回されているとあなた自身の人生がもったいないです。
悩んでいるよりも早めに対処して人生の再出発をした方が断然お得です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました