" /> ゼロからの料理!超初心者向け料理入門〜道具編〜 | 暮らしの疑問

ゼロからの料理!超初心者向け料理入門〜道具編〜

調理

料理なんて今まで全くしたことない!

でもコレから挑戦してみたい!

って人向けの知識ゼロから始める料理入門の記事になっております

1人暮らしを始めたけど節約したいから料理を始めたい。

将来の為に料理ができるようになっておきたい。

そんな人は読んでみてください。

 

知識ゼロってどれくらい?

 

カップラーメンは作れるが袋ラーメンは作ったことがない。

卵かけご飯は作れるが目玉焼きを作ったことがない。
くらいですね。

マジのゼロスタートです。

 

料理に必要な道具

まずは基本的な料理に必要な道具を揃えるところから。

これがなくちゃお話しになりませんよってくらい基本的なものです

 

包丁


包丁は色々種類があって何を買っていいか悩むところですが、初心者におすすめはセラミックの三徳包丁です。

セラミックがおすすめの理由は手入れがいらないからです。

ステンレスの包丁は錆びにくいですが切れなくなると研がなくてはいけない。

鋼の包丁は切れ味がいいが錆びやすくメンテナンスが必須。

セラミックは金属ではないので錆びません。そして硬いので切れ味がが悪くなりにくいんです。

ただ、あまりにも硬い為に食器やキッチンなど硬いものにぶつけてしまうと割れてしまうことがあります。

大切に使えばメンテナンスいらずで長く使えるということです。
価格も安いので割れてしまっても買い換えるのにそこまで惜しくはないと思います。

 

 

まな板

まな板も色々と種類がありますが、木のまな板は濡れたままにしておくとカビが生えるのであまりマメじゃない方はプラスチックのまな板でOK。

できれば大小で2枚あると便利です。

生肉や生魚を切った後に野菜を切りたいとなると1枚だと不便ですからね。

 
 
 
ピーラー

野菜の皮むきで必須アイテムになります。

包丁でも皮むきができないわけじゃありませんが、たいていの人はピーラーを使うでしょう。

切れ味が良いものであればキャベツの千切りもできます。

 

 

フライパン

 

フライパンはとにかくこびりつかないのがいいですね。

間違っても初心者は鉄のフライパンを買わないようにしましょう。

あまり安い物だとコーティングが剥がれやすかったりするので吟味したほうがいいです。

おすすめはサーモスの3店セット。


大きめのフライパンと小さめフライパン。そして卵焼き用フライパン。

卵焼き用といっても卵焼きに限定しなくても色々焼けます。

私も同じ物を持っていて2年ほど毎日使っていますがいまだにコーティングが剥げることがなくこびりつきがありません。

 

 

スープ、味噌汁、カレー、シチューなどを作る鍋。

購入するときは鍋の大きさに注意したい。

大は小をかねるとはいうものの、例えば1人暮らしでファミリー用の鍋を買っても大きすぎて持て余すだけです。

ただ、カレーなどは作りおきして何回か食べることも見込まれるので1人暮らしだとすれば2、3人前は作れる量の鍋が良いでしょう。

鍋の大きさ目安

できれば焦げ付かないコーティング加工されたものがいいですね。

カレーやシチューは温める時にかき混ぜるのを怠ると焦げやすいので。

 

 

お玉

お玉は特におすすめというのはないですね。
お好きなもので大丈夫です。

 

フライ返し

できればシリコン製。
フライパンのコーティング加工にキズを付けない為です。

 

 

菜箸

炒め物や揚げ物は普通の箸を使うと結構熱いです。
先っぽだけシリコンの菜箸はおすすめです。
全部シリコンだと結構重いんですよ。
食材が掴みやすくフライパンもキズ付けません。

 

 

ヘラ

炒め物やチャーハンなど混ぜる系の料理にかなり便利です。
スプーンタイプのものが使いやすい。

 

ボウル

大、中、小と3種類くらいあると便利です。
調味料を作ったり切った野菜をまとめておいたり天ぷらの衣を作ったりと色んな場面で重宝します。

 

 

はかり

今はキッチンスケールなんて呼んだりしてるようですね。知りませんでした。
薄くて小さいのに2kgくらいまで計れるものもあります。
分量を正確に計ったほうがいい料理もたくさんあるので結構使用頻度は多いかと思います。

 

 

 

ゼロからの料理 とりあえずコレらを揃えよう

そんなわけで今回はゼロからの料理ということで必要最小限の料理道具を紹介しました。
料理をする上で基本道具となるものなのでこれから料理を始めたいと思っている方は是非揃えてください。

包丁
まな板
ピーラー
フライパン

お玉
フライ返し
菜箸
ボウル
はかり

コメント

タイトルとURLをコピーしました