ケールの栄養価が高すぎてヤバい!栄誉失調を救う健康食品

「野菜の王様」「スーパーフード」などと呼ばれ今注目を集めている野菜「ケール」
ケールはその栄養価の高さから美容・健康の為世界中から注目される野菜となっている。

ケールはどんな野菜?

ケールはキャベツやブロッコリーなどの原種。

つまりケールを品種改良し今のキャベツやブロッコリーが生まれたということ。


ケールの歴史はとても古く紀元前のギリシャですでに栽培が行われていたそう。
野生のケールを食べていた羊の発育が非常に良いことを知った羊飼いから広まったという説もある。
ケールの栄養価の高さは当時から知られていたということだ。

昔は長い航海に出るとビタミン不足で壊血病という病気になることが多かったがケールを食べるとたちどころに治ってしまったそうだ
日本でケールが知られ始めたのは昭和に入ってから。
栄養失調に苦しむ人々を救おうと遠藤博士が研究を重ねた結果ケールの栄養価に気づき青汁を考案した。

今や沢山の種類の青汁などが販売されているが、青汁の原点はケール100%のナチュラルな青汁だ。

ケールの栄養価

ケールがどれほどの栄養価を誇っているか比べられるのはキャベツ
ケールの品種改良していったものがキャベツなのだがその栄養価はキャベツを遥かに凌ぐ。

ケールショップKAMIYA参照

この豊富な栄養素が私達の体に健康、美容、ダイエットサポートなど様々なプラス効果を与えてくれる。
具体的にどんな効果があるのか見てみよう。

免疫力アップ


NK(ナチュラルキラー)細胞という言葉をご存知だろうか?
NK細胞はガン細胞やウイルス細胞などを見つけ攻撃するようプログラムされたリンパ球だ。

このNK細胞を活性化させることでウイルス、細菌などからくる風邪や体調不良から体を守ることができる。
ケールがNK細胞を活性化させる効果は研究により実証されており免疫力アップの為に毎日摂取するのがおすすめ。
風邪をひきやすい小さなお子さんにもおおすめだ。

アレルギーの発症を抑える

ケールにはアレルギーの発症を抑える効果がある。
アレルギーの発症率は年々増加していている。

食物アレルギー、アトピー性皮膚炎、スギ花粉、気管支炎などのアレルギー症状が増えている原因は現代文明のライフスタイルにあるされているが、アレルギー発症原因の正確なところは現代医学でもまだ解明されていないことが多い。

しかし、マウスをつかった実験ではケールを混ぜたエサを食べたマウスと通常のエサを食べたマウスを比べた結果アレルギーの抗体濃度が増したという実験結果が出ている。
また、日常的に目や鼻に不快感がある人間を対象に実験を行ったところケールを摂取した人は不快感が減少したという結果も出ている。

このことからケールにはアレルギーに対する抑制効果がある言える

カルシウムが多い

カルシウムが含まれる食材は小魚や牛乳だけではなく野菜にもきちんと含まれている。
その中でもケールのカルシウムの多さはかなり秀でていて、牛乳100mlに含まれるカルシウムは110㎎。
ケール100gに含まれるカルシウムは220㎎と同じ重さでもケールの方が2倍多い。
そしてケールに含まれるカルシウムの特徴は吸収率が高いこと。
人間は食材に含まれるカルシウムを全て吸収することはできず食材や年齢によって吸収できる量に違いがある。

人間は年を取るとカルシウムの吸収率が悪くなるのだ。
しかしケールに含まれるカルシウムは年齢による吸収率にほとんど差がなく、さらに牛乳よりも1.27倍の吸収率がある。

せっかく摂った栄養素を無駄にしない為にはカルシウムの吸収率が高い食べ物の方がいいわけだが、ケールを摂ることにより効率よくカルシウムを吸収できる。
年を取っても丈夫な骨を維持するにはケールがうってつけだ。

食後の血糖値の上昇を防ぐ

よく食後の血糖値の上昇を抑える飲物や食べ物、方法などが紹介されているが、血糖値が上がるとどうなるのか?
食後は食物や飲物に含まれる糖質で血液内の糖が増えてしまいがち
するとインスリンという物質がそれを抑える為に糖質を脂肪に変えて蓄えてしまう。

簡単に言うと甘いものを一気に沢山食べると太ってしまうよということ。
ケールには血糖値を下げる効果があり、インスリンを登場させないようにするわけだ。

食事前や食事と一緒にケールを摂れば太りにくい体質になる。

便秘解消

世の中便秘に悩んでる人はかなり多く、食生活や無理なダイエットなど原因はたくさんある。
とりわけ女性は便秘気味な人はが多いのは腸が男性より長かったり女性ホルモンの影響、ストレスなどが原因だ。

通常は1日1回排便できれば正常と言われており、3日に1回の排便だと便秘と思ってもらいたい。
便秘解消にはご存知の通り食物繊維をたくさん含む食品が有効だ。
食物繊維は腸内で栄養素として吸収されない為そのまま便として排出される。
腸内の便の量が増えることにより押し出す力が働き腸の動きを活発にしてくれる。

そして食物繊維は善玉菌のエサとなり善玉菌の数を増やしてくれるので腸内環境のバランスを良くしてくれる。
ケールは食物繊維が豊富でレタスの3倍もの食物繊維が
含まれている。
ケールを摂ることで腸内環境は良くなり便秘が解消される。

抗酸化作用


ケールには老化防止を防ぐ抗酸化作用がたくさん含まれている栄養素が豊富。
ポリフェノールやビタミン類は老化を進める活性酸素という物質を抑える効果がある。

体内の臓器の能力低下や皮膚のしわ、たるみ、しみなどは活性酸素が細胞を傷つけるためだ。
ポリフェノールやビタミン類を摂取することで若さを保つことができるということだ。
ちなみにケールにはどれくらいのポリフェノールが含まれているかというと

ケール100gあたりのポリフェノール含有量はワインやコーヒーと同じくらいで、野菜の中では群を抜いて素晴らしい。
ケールを毎日摂ると若々しいハリのある体を維持できるのだ。

ケールの食べ方

ここまでケールの栄養価の高さを紹介してきたが、ケールを食べようと思ってもどこのスーパーにも売っている野菜というわけではない。
むしろ売っていないスーパーの方が多いでしょう。

ケールは栄養価こそ高いが味に強い苦味があり一般的な食卓に並べるには少々難易度が高いのだ。
現在の日本では健康志向が強い人にしかあまり知られておらず、ありふれた野菜という認識はないので一般的なスーパーにはあまり置かれないというわけ。
もしケールがいつでも買える環境にあるなら、食べ方は生でバリバリ食べることをおすすめする。

熱を加えると失う栄養素も無くはないので、さっと水洗いしてドレッシングで食べるのが一番だ。

じゃあケールがなかなか買えない人はどうすれば良いか?
ケールが原料の青汁やサプリや錠剤が通販で販売されているのでそちらを利用するのがケールの栄養を摂る上では一般的だ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする