健康に良い油とは?プレゼントにおすすめな油

食用の油やオイル。
栄養素で言えば「脂質」ですね。
肥満予防などの健康面、ダイエットなどの美容面からすると遠ざけたい栄養素の1つに思えますが、脂質にもきちんとした体に必要な役割があります。

細胞膜、核膜、ホルモンを構成し、脂溶性ビタミンの吸収、臓器の保護など様々な役割があり、油の種類によって生活習慣病の予防などのにも効果があります。

脂質の種類

脂質の種類をザックリと簡単に分けると
・飽和脂肪酸


・不飽和脂肪酸


脂質の分子構造の違いで大きくこの2つになります。

飽和脂肪酸は動物の脂肪が多い
・牛脂
・豚のラード
・鶏油
・バター
・ココナッツオイル
 など

不飽和脂肪酸は魚や植物の油が多い
・イワシ
・サバ
・亜麻仁油
・えごま油
・オリーブオイル
・グレープシード
・コーン油
・ナタネ油
・大豆油
 など

飽和脂肪酸、不飽和脂肪酸何が違う?

2つの脂肪酸の違いを超簡単にわかりやすく言うと
飽和脂肪酸・・・摂り過ぎると体に悪い
不飽和脂肪酸・・健康的に体に必要な脂質を摂ることができる。

別に動物性の脂肪が悪いわけではなくきちんと体に必要な働きをしてくれますが、摂り過ぎるとコレストロールの上昇や動脈硬化、肥満のもとになり兼ねませんよってことです。
ただ、健康志向の方やダイエットをしているときなどは植物性の脂を摂るほうがプラスになります。

オメガ?

日清オイリオ

青魚や植物の油(不飽和脂肪酸)は分子の並び方によりさらに細かく

・オメガ3
・オメガ6
・オメガ9

という3つに分類されます。
聞いたことありません?
「血液がサラサラになるEPA、DHAのオメガ3が含まれる青魚!」


なんてテレビやCM、ネットなどで紹介されてます。
がっ、、、
オメガって一体なんじゃっ?
って感じですよね。

オメガ脂肪酸について詳しく知りたい方はこちらを参照してみてください。
J-オイルミルズ オメガとは?

おすすめ食用油

どうせ摂るなら健康で上質な油を摂りたいですよね!
自分の体の為に摂るも良し。親や知人に健康でいてもらいたいならプレゼントするも良し。
お歳暮やお祝い品にも最適なおすすめの油を紹介。

えごま油と亜麻仁油あまに

えごま

亜麻仁

えごま油と亜麻仁油はオメガ3という種類に属します。

a-リノレン酸という脂肪酸が含まれていて、この脂肪酸は人間に必要な物質ですが体内ではつくることができない為外から摂り入れる必要があります。
a -リノレン酸が不足すると、脳、中枢神経系、網膜、皮膚などに影響が出てきます。
a-リノレン酸は1日2gの摂取を推奨されています。
ほうれん草などからも摂ることができますが、kg単位で食べなければ2gのa-リノレン酸を摂ることができません。
人の手によって精製された油を直接を摂るほうが効率的ですね。

 

えごま油、亜麻仁油の摂り方
オメガ3はの食用油は
・酸化しやすい
・熱に弱い
という特徴があります。
その為通常の油のように揚げ物などに使用すると栄養が損なわれます。

・ドレッシングとして使用する

・スプーン一杯程度をそのまま飲む

など、そのままの状態で摂り入れるのが一般的です。

えごま油は若干の青臭い風味があるもののそこまでクセは強くないのでそのままスプーンで薬のように飲むのもありです。

亜麻仁油はオリーブオイルよりもクセがあります。
苦手な方もいるかもしれませんが
人によっては魚臭い匂いがするという人もいるので味の強いものにかけたりするのが良いかと思います。

オリーブオイルと菜種油

オリーブ

菜種

オリーブオイルと菜種油はオメガ9という脂肪酸に分類されます。
オメガ9は体内でも合成できる脂肪酸で、その中でも代表的な脂肪酸が「オレイン酸」です。
オレイン酸は特にオリーブオイル、菜種油に豊富に含まれており悪玉菌コレストロールの数値を下げる効果があります。

他にも動脈硬化、心疾患の予防、便秘の改善などの効果があります。
オメガ9系は先程のえごま油、亜麻仁油のようなオメガ3系とは違い
・酸化しづらい
・熱に強い
という特徴があります。
なのでオリーブオイルでアヒージョや菜種油で揚物などをしても問題はありません。
特にオリーブオイルは使い方の幅をが広く、肉、魚、野菜のどれとも相性が良く、パンやパスタ、色んな煮込み料理など用途が多いため贈り物には最適です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする