肌のくすみやシミを防止する抗酸化物質!老化防止にも効果が!活性酸素を減らす食べ物や対処法

抗酸化物質という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

美容やアンチエイジングに興味のある方はご存知でしょう。

今回は美容、アンチエイジングに欠かせない抗酸化物質とはどんなものものなのか説明しましょう。

体に有毒?活性酸素とは?

抗酸化物質とは何かを知る前にまずは活性酸素というものを知って置かなければなりません。

私達人間は息を吸うことで酸素を取り込み活動していますよね。

取り込まれた酸素は血液に乗って糖分や脂肪を燃やしてくれる燃料になります。

その際に燃えた酸素の2%程が活性酸素になると言われています。

この活性酸素が何をしでかしてくれるかというと、体内の免疫機能や細菌などからの感染から守ってくれる役割があります。

「じゃあ活性酸素っていい酸素なんじゃない?」

と思うかもしれませんが、実は活性酸素には良い面と悪い面があります。

酸素というのはもともと何かの物質と結びつくことにより「酸化」というかたちでマイナス影響を及ぼします。

鉄なら錆びてしまいますし、りんごなら皮を剥いて放っておくと茶色くなりますよね。

活性酸素はその作用が強く私達の正常な細胞を傷つけてしまいます

通常の量なら体への影響はさほどなく体に必要なものですが、量が多くなると体へのマイナス効果があります。

活性酸素はどんな悪さをする?

活性酸素の作用は体にどんな悪影響を及ぼすんでしょうか。

まず目に見えてわかるのが「肌のシミ」です。

活性酸素により酸化させられるとりんごが茶色くなるように肌もシミとして残ってしまいます。

更には肌のしわやたるみなどの原因にもなります。

要は活性酸素は人間の老化を招いているわけです。

鉄が酸素と結びついて錆びていつかは朽ちていくように人間も酸素により老いが始まっていくわけですね〜。

そして活性酸素が与えるダメージは肌やしわなどの外見だけではなく内側にもダメージを与えて行きます。

動脈硬化
心筋梗塞
脳梗塞がん
糖尿病
胃潰瘍
肺炎
脳血管性痴呆症
アルツハイマー型痴呆症
アトピー性皮膚炎

などなど様々な病気に関係していきます。

抗酸化物質が守ってくれる。

様々なマイナス影響を引き起こす活性酸素から守ってくれるのが抗酸化物質です。

抗酸化物質は体内でつくられるものの他に食べ物から取り入れることもできます。

抗酸化物質とはどういうものかと言うと、活性酸素に酸化されやすい物質です。

酸化されやすい為に、私達の細胞が酸化される前に酸化されてくれるというもの。

つまり私達の身代わりになってくれるありがた〜い物質なんですね。

体内の酵素で処理しきれない活性酸素を抑えてくれるわけです。

抗酸化物質はどうやって取り入れるか

抗酸化物質が豊富なものを食べたり飲んだりすることで活性酸素に対抗できます。

ビタミンA、C、Eは抗酸化作用のあるビタミンで抗酸化ビタミンとも呼ばれています。

ビタミンAが多く含まれるもの

レバー
バター
卵黄
ニンジン
うなぎ
モロヘイヤ
ほうれん草

ビタミンCが多く含まれる食べ物

アセロラ
キウイ
レモン
ピーマン
ブロッコリー
ほうれん草

ビタミンEが多く含まれる食べ物

アーモンド
オリーブオイル
胚芽油
アボカド
大豆
うなぎ
かぼちゃ

これらビタミンの他にミネラルにも抗酸化物質が含まれています。

ミネラルは海藻類に多く含まれています。

昆布、わかめ、ひじき、あおさ、青のりなどの海藻類を積極的に摂る様にしましょう。

また、活性酸素に非常に強い抗酸化作用があるポリフェノール
という物質があります。

ポリフェノール

ポリフェノールとは植物に存在する苦味や色素の成分の総称です。

自然界には5000種類程のポリフェノールが存在し抗酸化作用が高い物質です。

よくワインにはポリフェノールがたくさん入ってるから健康にいいよーって言われたりしてますよね。

よく聞く代表的なポリフェノールは

アントシアニン
カテキン
ルチン
フェルラ酸
クルクミン
ショウガオール

などありますね。

ポリフェノールが豊富な食べ物や飲み物

赤ワイン
コーヒー
緑茶
紅茶
チョコレート、ココア
大豆
そば
ショウガ

活性酸素を増やさないようにするには

さて、活性酸素を抑えてくれる食べ物や飲み物はたくさんありますが、そもそも活性酸素は正常な状態であれば増えすぎず、体内では免疫機能や細菌感染防止などの役に立ってくれるものです

じゃあはじめから活性酸素を増やさないようにするにはどうしたらいいのか?

活性酸素が発生する原因は体内のエネルギーを燃やす際に酸素の一部が活性酸素となるからです。

通常であれば体内でつくられる酵素により活性酸素の働きを弱めることができますが、外的、心的ストレスより活性酸素を抑える酵素が弱まってしまいます。

食べ過ぎ、飲み過ぎ、タバコ、紫外線、大気汚染、過度なダイエット、過度な運動、心的ストレスなどにより体内の正常な働きが邪魔され活性酸素が増えてしまう結果になります。

外からも内からも体への負担を少なくすることが活性酸素によるダメージを軽減することになります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする