【ダイエット】血行を良くすることでで痩せやすい体ができる?基礎代謝をアップさせる為の血行促進!

私達の体には隅々まで血管が張り巡らさせていて、血液によって酸素や栄養素や体に必要な物質などが運ばれます。

血行が悪くなるとそれらの運搬が滞り、その結果代謝能力が落ちてしまいます。

いわゆる基礎代謝が低下している状態です。

エネルギーを効率よく使い脂肪を落とす為には正常な血流の状態が欠かせません。

しかし、年齢を重ねるに連れて食生活や運動不足、ストレス、睡眠不足など様々な要因で血流が悪くなります。

食事制限してダイエットしてもなかなか痩せられない原因の1つです。

血行を良くして痩せやすい体をつくる為の方法を知り実践してみましょう!

ストレッチで血行を良くして代謝をアップ


ダイエットの為の運動といえばジョギングやサイクリング、ダンスなどの有酸素運動筋トレなどで基礎代謝の向上を目的にしたりとというイメージがありますが、実は普通のストレッチだけでもダイエット効果があります。

ストレッチにより筋肉をほぐすことで圧迫されていた血管が緩み血行が良くなります。

血行を良くする食べもの!血液をサラサラにしよう

中性脂肪や悪玉コレステロールが多いとは粘り気のある血液になってしまいます。
よく言われる「ドロドロ血液」です。

ドロドロ血液をサラサラに変えることで血流を良くします。

血液をサラサラにしてくれる食べもの。

酢・・・飲む黒酢などおすすめ。

柑橘類・・・レモンやグレープフルーツなどクエン酸はが含まれるもの。

青魚・・・サンマ、イワシ、サバなど。

ポリフェノール・・・りんご、玉ねぎ、ワイン、お茶、ココアなど

海藻類・・・昆布、わかめなど。

生姜

お風呂で体を温めて血行を良くしよう!

体を温めることで筋肉がほぐれ血管が圧迫から開放され血流が良くなります。

40度程度のお湯に長めに浸かるのいいでしょう。

リラックス効果もありストレスの軽減や良質な睡眠をとることができ血液内の環境を良くしてくれます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする