【キャンプ】ペグケースは必要か?はい、必要です。おすすめペグケース紹介!

【ペグケース】
 
ペグやハンマーなどを入れておくケースですね。
 
おそらくペグケースはキャンプを始めてから「あれも必要これも欲しい」と道具を集めている最中では欲しい物ランキングの順位が低く、後になってから「あれも買っておくか〜」となるキャンプギアの1つですね。
 
実際自分もそうでした。
 
ペグ自体はテントを購入したときに付属していた袋や適当な入れ物に入れたりと、専用のペグケースがなくてもさほど困りませんからね。
 
しかし、キャンプをかじってから少しすると少しずつ道具にもこだわりが出始めてきます。
 
色んな天候や場所でキャンプを経験し、ペグの大事さもわかってくる頃にはテントやタープに付属しているペグでは満足できなくなり、自分でペグを選ぶようになってきます。
 
そうするとようやく「ペグを入れる専用のケースが欲しい!」
ってなるわけです。
 
シーンによってペグを使い分けるとペグの種類や数が多くなり、管理も難しくなるので全てひとまとめにできるケースがあるととても便利です。
 
だいたいその頃にはキャンプ初心者を脱却しておりすでに中級者ですね。
 
そんなキャンプ中級者の方におすすめのペグケースをご紹介!
 
 
【CHUMS チャムス】
CHUMSらしい真っ赤なかわいいツールケース。
長さは42cmあるので長いペグも入れられます。
裏面には頑丈なターポリン素材。
生地にはパッドが入っており衝撃を吸収してくれます。
 
ペグやハンマー入れにはちょうど良い素材です。

 
 
 
 
 
【KAKURI ペグケース】
シンプルで値段も安く使い勝手のいいケースです。
 
ペグやハンマーを入れるとどうしてもその重さからケースが型崩れしてしまいがちですが、頑丈な作りになっているので評価が高いです。
 
コスパで選ぶならこちら!

 
 
 
 
 
【村の鍛冶屋 エリッゼ】
高品質な鍛造ペグ「エリッゼ」を作る「村の鍛冶屋」からのペグケースです。
 
ペグと同じでケースも頑丈ですね。
 
大量のペグを入れても型崩れせず、蓋を開けるとペグやハンマー以外の他の小物類を収納できるポケットもついています。
このクオリティーでお手頃な値段なので2つくらいあってもいいかも。

 
 
 
 
 
【DOD ディーオーディー】
ペグとハンマーを持ち運びながら設営できるペグケースです。
 
テントやタープ設営時にペグを打とうとしたらどっかいってしまった!とかいうキャンプあるあるを解消してくれます。
何十本ものペグを入れるというわけにはいきませんが、テントとタープに必要な分であれば充分に入ります。

 
 
 
 
 
THE NORTH FACE ザノースフェイス
 
かわいらしく丸みを帯びたデザインが個人的に大好きです。
 
機能性も申し分なく、生地の強さと柔軟性が高く、中のボードは取り外し可能なボードがついており仕分けができるようになっている。
蓋の裏にはメッシュポケットがあり小物も入るように配慮されていて使い勝手の良さもいいです。

 
 
 
 
 
【snowpeak スノーピーク】
 
スノーピークらしいベージュのシンプルなケースです。
言うまでもなく生地は丈夫で幌布を使用してます。
長く愛用したい方ならおすすめです。

 
 
 
 
 
【LOGOS ロゴス】
 
こちらも超シンプルなケース。
釣りのバッカンのような生地になっていて完全防水です。
ロゴス好きなら1つ持っておけばペグケース以外にも色々用途がありそうです。

 
 
 
 
 
【YOGOTO  ペグ ケース】
YOGOTOというメーカーをご存知でしょうか?
私はよく知りません。
中華系のメーカーかなと思いますがAmazonでキャンプ用品を検索すると必ず出てきますね。
 
最近は中華系のキャンプ用品もなかなか侮れません。
質も段々と向上してきているので選択を間違わなければいい商品に出会います。
 
こちらはペグ、ハンマー、その他小物を収納するには最適な大きさ、機能を持っています。
値段、機能、評価ともに良い商品といえますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする