キャンプで物が散らかってしまう理由と改善方法!初心者からの脱却!

キャンプ初心者がある程度回数をこなして慣れてくると欲しくなるのが便利なキャンプギア。
 
 
キャンプをやり始めの頃はなぜか物が散らかり放題でどこに何があるかわからず、何か1つやるごとにイライラしてしまうという初心者あるある。
 
ファミリーキャンプなどではせっかく家族でキャンプに来たのにお父さん一人がなぜか不機嫌に。なんてこともあるわけです。
 
はい。私も経験者。
 
というわけで、キャンプをより過ごしやすくスマートにするにはどうしたらいいか
 
それは、家を過ごしやすく綺麗にするのと一緒で、物の置き場所や整頓が大事になってきます。
 
キャンプで物が散らかってしまう理由
 
①平面しか使ってない
なぜ物が散らかってしまうかというと、特にキャンプを始めたばかりの頃にありがちで、平面的にしか物を置いていないからです。
 
キャンプ道具を取り出す度にどんどん横に荷物が増えていき活動範囲が広くなり、結果物が散らかってしまいます。
 
②荷物が車から取り出したままになっている
 
キャンプ場に着いたらまず車から荷物を降ろしますね?
テントを設営しますね?
 
はい、大事なのはその後です。
 
車から出した荷物を収納BOXに入れたままにしてませんか?
 
さて、料理をするから調理器具を出そう
あっ調味料出してないや
ティッシュがないなぁ
お皿が出さなきゃ!
暗くなってきたからランタン!
蚊がよってきた!虫除けスプレー!
 
ってな感じに1つやるごとに収納BOXから取り出すことありませんか?
 
結局出したらそのまま適当な場所に置きっぱなしになってしまい散らかってしまう結果になるわけです。
 
キャンプで荷物を整頓するには
 
空間を縦に使おう
 
荷物を横に並べるより縦に並べた方が散らからないし、物を見つけやすく取りに行く移動距離も少ないという利点があります。
 
 
所定の位置を決めよう
 
テント設営後は荷物や道具を収納BOXから取り出し、所定の位置を決めましょう。
 
部屋の引っ越しと同じように荷物をダンボールに入れっぱなしだとなにかと不便。
 
 
散らかりを解決してくれるキャンプギア
 
 
ハンギングチェーン
輪っかが幾つも付いているロープ。
 
テントやタープのポール、木などに取り付けてランタンやカップ、ハンガーを吊るし服などを掛けておくことができます。
何気に場所取るティッシュやキッチンペーパーを上手く吊るすと便利。
 
他にも色々と小物を吊るしておけて一目でどこになにがあるかわかるし、ロープ状なので収納も楽。
 


ハンギングラック

ポールを組立てて吊り下げできるタイプです。
少し加重がある方が安定するので調料器具
などをぶら下げるのに丁度良いかと思います。
料理の際に使用後のおたまや箸、フライ返しなど結構置き場所に困るんですが、ハンギングラックが近くにあると吊るして掛けておくと便利です。
 

ランタンフック

ポールに設置するだけでランタンを掛けることができる優れもの。
小さいけども応用が効き、ランタンだけではなく色々な小物を掛けておくことができる。
コスパ高いです。
 

ラック

キャンプ用のラックは折り畳むことでだいぶコンパクトになります
持ち運びは楽な割にかなり使い勝手が良く重宝します。
縦に荷物を積むことができるので横にが広がらず荷物の散乱を防いでくれます。
 

 

 

 

折り畳みごみ箱

キャンプの時はごみ箱を必ず用意したほうが良いでしょう。
 
ビニール袋をイスやテーブルの足に結んでごみ袋にしているとかな〜り見栄えが悪いですね。
 

 

 
 
 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする