ビールのつまみエース級!! 手羽餃子!!

さて、今回はビールのつまみの二大スターを合体させた手羽餃子を作ってみよう。

その名の通り手羽先と餃子ですが、手羽先の中に餃子をINしてしまった画期的な料理です。

1つずつ食べても美味しいのに二つを掛け合わせるとか、考えた人は天才ですね。

冷凍食品では食べたことがあるけれど作るのは初めて。手羽先の中の骨を取るのが難しそうだな~と少し敬遠していたところもありましたが、今回作ってみたら慣れるとすぐできちゃうなぁってのが感想でした。

上の写真はすでに骨を抜いた後です。ここで骨の抜き方を文章でお伝えするのはだいぶ骨が折れるのでYouTubeで「手羽先 骨の抜き方」とかで動画が出てきますんでそちらを参照してください。

僕は骨を抜くのにキッチンばさみを使用しました。

中身はこんな感じに空洞になるのでここに餃子のたねを詰めていきます。

ひき肉、ニラ、キャベツ、ニンニク、しょうが、塩コショウ、酒、しょうゆ、等を混ぜ合わせ

後は先ほどの手羽先に詰めていきます。手で詰めるよりスプーンやへらなど使ったほうが餃子のたねが手にくっつかないのでやりやすいです。

肉を詰めるとこんな感じ。

後は焼き方ですがこれがまた千差万別でフライパンに水をいれ蒸してから焼く人もいればオーブンで焼いちゃう人もいます。

僕は作った量が多かったので蒸し器で蒸し、中まで火が通ってからオーブンで焼いてみました。量の関係でフライパンだと難しいかなと思いまして。

オーブンでこんがりと焦げ目がついてきたら完成!

早速ビールと一緒にいただきます(*’▽’)

うんまい!!初めてにしてはなかなかのお味!

手羽先なのに中から肉汁が溢れ出てくるという不思議。餃子の香りが食欲をそそりビールが止まらない(*´▽`*)

1人で10本ペロッといっちゃいました

手羽先自体に味付けをしてないので食べるときに塩コショウしたけど、手羽先は骨抜きした後に醤油に漬けて味をつけるとか照り焼きソースで焼いたりとか工夫をしてみるともっと色々な味が楽しめそう。

キンキンに冷えたビールと手羽餃子。家族でも楽しめる一品です!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする