燻製するなら鶏ささみがおすすめ

 
燻製に興味を持ったら鶏ささみが絶対おすすめ!
 
 
鶏ささみの燻製がなぜおすすめかというと
 
・安い
・簡単
・美味しい
 
の3点が揃っているからだ。
 
燻製に興味があるならぜひ試していただきたい食材。
 
作り方は人によって多少異なる。
私の作り方をざっと説明しよう
 
 
・醤油などの調味料でささみを漬ける
 
 
・1日〜2日冷蔵庫で寝かせる
 
・水分を拭き取り冷蔵庫など気温の低いところで乾かす。
 
・燻製
 
・オーブで焼く(燻製時に加熱しない場合)
 
 
流れはこんな感じ。
 
燻製したあとになぜオーブンで焼くかというと、私は燻製時はスモークウッドを使用しているので燻製の際は食材を加熱しない。
 
 
 
今回使用した調味料
 
・醤油
・みりん
・コショウ
・生姜
・ニンニク
 
※他の方のレシピでは最初にささみの筋を取ったり、味が浸み込みやすいようにフォークで穴を空けたりしていますが私は特に必要ないと思ってますのでやっていません。
 
 
ささみと調味料をフリーザーパックなどの袋に全て入れたらできるだけ空気を抜き全体に馴染むようにモミモミする。
ちなみに調味料の量は毎度ながら量ってません。
 
目分量です。
 
 
 
後は冷蔵庫に1日から2日ほど置いておきます。たまに上下を裏返したりモミモミする。
 
 
冷蔵庫から取り出し水気を拭いたら、トレーにキッチンペーパーを敷き並べてまた冷蔵庫にそのまま2~3日入れる。
 
冬場なら1日扇風機で乾かすだけでいいんだけど、夏場は冷蔵庫しかないし、冷蔵庫は風がないので乾きにくい。
 
 
しかし、冷蔵庫乾燥のいいところはじっくりと時間をかけて乾かすので、しっとりと仕上がる。
 
 
ささみの燻製はジャーキーのように乾ききらずに中の柔らかさを残しつつ乾燥させるので冷蔵庫乾燥はおすすめ。
 
 
乾燥させたらいつものように燻製します。私はチップではなくウッドを使っています。
 
 
 
オーブンで焼く
 
 
100℃で余熱なし20分くらい。
 
オーブンで焼いたほうがムラがなく温度管理もきちんとできるんで、私はスモークウッドとオーブンで仕上げる
 
 
出来上がりはこんな感じ。醤油と燻製により食欲をそそる色になっている。
 
 
 
 
中はパサパサにならずしかもきちんと火が通っているので火加減はOK。
 
スモークウッドとオーブンのコンビは結構使える。
 
しっとりとして食べやすい歯ごたえ。
 
 
みりんを入れて味付けをしているのでほんの~り甘さが伝わってくるのがいいです。
 
 
このささみの燻製、私の子供が大好きで誕生日はプレゼントではなく燻製を作ってくれと言うほど。
 
子供のおやつとしてもかなり喜ばれる。
 
さらにお酒のつまみとしても最高。
 
ビール、焼酎、ウィスキー、日本酒、ワインとなんのお酒でも合う。
 
 
ささみは脂身がないので、食べていても飽きがこない。
燻製ささみとお酒があれば朝まで飲める。
 
 
これから燻製を趣味にされる方はぜひ作ってみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする