燻製三昧!!! 燻製チーズ 燻製さば 燻製スペアリブ

なんか無性に燻製が食べたくなる衝動に駆られる時がある。

煙を浴びせられ黄金色になり、スモーキーな香りを漂わせる食材達。

想像するだけでたまんないっす。

仕事中に毎回今度の休みは何を作ろうか考えている。

今回の燻製食材はこれ

スペアリブ

塩さば

チーズ

なんかね~ 歯ごたえのある厚めの肉にかぶりつきたかったんですよ~

塩鯖は今まで燻製にしたことがなかったんでチャレンジしようと思った。

チーズは子供の要望です。

てな感じでこの3つにしました(*”▽”)

これから下準備をするわけですが、と言ってもスペアリブだけなんですが。

味付けは肉に塩を擦り込むより食塩水に漬けて味付けする方が経験上美味しく感じます。

5%の食塩水にコショウとお好みのハーブ類。

ハーブ類はなくても構いません。

私は今回オールスパイスとローレルを入れてみました。

4時間程冷蔵庫に入れ、取り出したらキッチンペーパーでしっかりと水分を拭き取り、ざるに入れラップをせずにまた1時間冷蔵庫に放置。

余計な水分を乾燥させる為ですよ。

準備が出来たらさっそく燻します。

鯖は塩味がもともとついてるので特になにもせずそのままです。

もちろんチーズも。

いつも通りウッドに火をつけ1時間半くらい待ちます。

私は基本チップではなくスモークウッドを使いますが、理由がありまして。

チップは熱源がなきゃダメなんで(カセットコンロや電気コンロ)面倒くさいのと、温度管理がしづらいことですね。

熱源があるので燻製器の中は結構温度が高くなり、チーズなどは溶けてしまったり火を入れたくないものまで火が通ったりで、ウッドの方が使い勝手がいいです。

さて、できました。

毎度のことながらスモークが終わったばかりの食材を見るときはワクワクしてしまいます。

あ~ いいにおい(*‘∀‘)

スペアリブと鯖はまだ火が通っていないので、スペアリブはオーブンで焼きます。

豚肉なのでレアより少し火が通ったほんのりピンク色にしたいので、最初は100°の低温で15分くらい焼きます。肉の厚みによりますのでそこらへんはお任せ。

少し休ませたら高温で短時間焼きます。少し焼き色がついたらOK。

鯖は普通に魚焼きのコンロで焼きます。

燻製三昧。できあがりました。

普段の鯖焼きと比べても燻製色が嗅覚以外に視覚も楽しませてくれます。

皮は残念ながら反ってしまったのできれいに焼けませんでした・・・(‘Д’)

スペアリブはこんな感じ。

こんなにあるのに私は1つしか食べられませんでした。

ワイン、ビール、焼酎。どれにしようか迷ってしまうわ(笑)

そんなときは全部飲むのが俺流。

お味の方は、、、  まず燻製塩サバの旨さにびっくり。初チャレンジだったけどこんな旨いものを今まで作らなかった自分に反省。

淡白な魚の味にものすごい深み、コク?が出た感じ。 これは食べた人じゃないと伝わらない。

スペアリブは安定の一品。コショウやハーブもしっかり効いている。肉にかぶりつき野生の本能を満たそうと思ったが子供と嫁にかぶりつかれあっという間になくなってしまった.

今後は魚介類の燻製を色々試していきたいな~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする